taromagazine™ / taro misako
Rehabilitation
リハビリ中/クラシカルデザイナーのこと
/
2018.11.30

アイスランドから帰ってきて3週間。先週にブログを書き終わってから燃え尽きてしまったのか、以前の更新ペースを忘れてしまってブログをなかなか書けずにいる。なので、こうやって少しずつリハビリしていこうと思う。
(先週から体調を崩して仕事も休みがちだったのが、ようやく復活してきたという事情もあり)

ところで、今日noteにアップされていたこの記事、読みました?

◎クラシカルデザイナーの生きる道|Takamasa Matsumoto|note

最近は僕の界隈の「デザイン」といえばUI/UX界隈のデザインのことを指すような風潮があり、少し前には実際に、UXコンサルタントみたいな方から「A/Bテストもやったことが無くて、何がデザイナーだ」的なことを言われたりして悶々としていたんだけど(もちろん間違いを正すことは出来るけど、勢いに負けて聞きっぱなしになってしまった)、世の中の風潮に同じような気持ちを抱える同業者(文中でいうクラシカルデザイナー)の人にとっては一筋の希望の光になるような、綺麗にまとまった記事だと思う。
明日から出張でバタバタしていてゆっくり読めていないけど、ブックマークして何度も読み返してみるつもり。


写真は火曜日に食べた冷泉町「あかちょこべ」の具材が3つ選べるサービスうどん500円。風邪気味だったので納豆・大根の鬼おろし・かしわという体に良さそうな組み合わせにした。麺に胚芽が練り込んであって、食感が楽しかった。近くにあったら通うなあ。