taromagazine™ / taro misako
GOMASABA-YA
ランチに「ごまさば」を食べるなら、舞鶴の「博多ごまさば屋」
/
2018.12.12

専門学校の講師の仕事も4年目になって、赤坂近辺のランチはほぼ攻め尽くしたはずだったんだけど、最近見付けて通っているのが舞鶴の「博多ごまさば屋」。生の鯖を胡麻と甘辛い醤油で和えた福岡の郷土料理「ごまさば」を、リーズナブルに食べることが出来る。

これが「ごまさば」。ここのお店は葱と玉葱のスライスが載ったタイプ。そのへんの居酒屋で単品で頼むごまさばよりたっぷりと鯖が入っている!脂の乗った鯖と九州の甘辛い醤油、胡麻と薬味の風味がたまらない。

これに「ご自由にお取りください」のアジの南蛮漬けと、山芋のとろろが付いて…

「ごまさば丼」700円!安い!

鯖自体が新鮮で綺麗なものを使っているし、ごはんと鯖が別々になっていて、まずはそのまま、次にご飯と一緒に、最後に出汁をもらってお茶漬け風にすることも出来る自由度も魅力。

他にもごまさば+サバ塩焼き、ごまさば+アジフライなど、バリエーションも色々あってお腹の空き具合と相談するのが楽しいです。少し値上がりするけど、夜でも定食が食べられるのも良いところ。

県外から福岡に来る人へのおすすめランチだと、天神コアの「味の正福」か大名の「天ぷら ひらお」が挙げられることが多いけど、どちらも行列必至なので、並ばずに入れるという点もポイントが高いので、これを見た人はぜひ行ってみてください。

ちなみに日替わり丼というのもあって、このときは「炙りカツオ丼」。これも脂が乗って美味しかった…!
とにかく刺し身のボリュームがあって、お客さんを満足させようという勢いが感じられるし、お店の人の感じも良い。
最近ではカウンターの端っこに無料のコーヒーまで見付けてしまって、お昼にここに行く以外の選択肢が無いです。

壁には11月から始まった「ふぐコース」の張り紙が。ふぐ刺し+ごまさば+ふぐちり+飲み放題で4500円の福岡価格!これも行きたいな〜。誰か誘ってください。