taromagazine™ / taro misako
Here Now KITAKYUSHU
『Here Now KITAKYUSHU』片手に、小倉の街をうろうろ。
/
2019.1.2

北九州市(小倉)の出身なんだけど、21歳で福岡市に引っ越してからは帰省しても実家に直行することが多くて小倉の街を歩く機会は殆どなかったと思う。それから20年近く経った2018年、福岡版のキュレーターを務めているポータルサイト『HereNow』の北九州版が出来たことを教えてもらい、せっかくなので…と、先日の帰省のついでにサイトを参考に少し街を歩いてみた。

街全体の雰囲気としては以前より若い人のお店が増えて明るくなったかな…ぐらいの印象だったんだけど、HereNow掲載店舗はどれも感度の高いお店が多くて、特に写真一枚目のカフェ「REVERSE」のアンティークを活かした空間は福岡でもあまり見られない雰囲気だったし、その他のいくつかのお店も「これが福岡にあったらな…」と思えるような面白いショップが多く、短い時間だけどかなり楽しむことが出来た。

…という話をinstagramに書いていたら、佐賀の藤本幸一郎さんからソウル版のHereNowもハズレ無しで良かったという情報をもらったので、ちょうどソウルに行ってみたいと思ってたし、行くときは活用してみたいな。

これは小倉城の前に置かれていたモニュメント。年末年始のライトアップ時期限定らしい。昔は「北九州」って、こんな大きな文字にするほど誇らしいものでは無かった気がする。いま暮らしている若い人の印象も聞いてみたくなった。

駅前の商業施設「COLET」に寄ったら福岡発の古着チェーン「西海岸」が入っていたのでちょこちょこと物色。状態の良いラコステの茶色い長袖ポロを見つけたので購入した。初めてのXXLサイズ。安いので挑戦してみるにはちょうどいい感じ。ここの店舗は品揃えも良かったし、また来たいな…と思っていたら、施設全体が春には閉店してしまうらしい。
この施設、以前は「そごう」ブランドで、10代の時に初めてアニエスベーのお店で買物をしたりした思い出もあるので、別の形でも良いから上手く活用されますように…と思う。