taromagazine™ / taro misako
PHANTOM
写ルンですレンズでリバーワイルド「PHANTOM」内覧会
/
2019.1.15

いちご豚のラベルデザインでお世話になっている、うきはの「リバーワイルドハムファクトリー」さんの敷地内に、新しいイベントスペース「PHANTOM」がオープン。内覧会に呼んで頂いたので、カーシェアの練習も兼ねてお邪魔してきた。写真はSONY α7と「写ルンです」レンズことGIZMON Utulens。レタッチはLightroomとVSCO Film(富士フィルムプリセット)という組み合わせ。

事務所からお店までは高速道路を使わないで1時間40分ぐらい。国道3号線をあえて通ることで運転の練習になると教えてもらったので、下道を通って行ってみることにしたけど、無事に到着することができた。

奥に見えるのが「PHANTOM」。設計はAesopや鈴懸の店舗を手がける二俣公一さん。内覧は順番待ちだったので、先にお食事を頂くことに。

大鍋ではリバーワイルドの柿豚を使った豚汁!ここのお肉、近所のスーパーでも買えるからときどき食べてるけど、甘みがあって美味しいんです。寒い日だったから体が温まった。

豚ホルモン焼き。レンズのせいで美味しそうに見えないけど、肉厚で柔らかく、やさしい味。運転してきたからビールを飲めなかったのが残念になる美味しさだった。他にも自社のハムが乗ったサラダや焼きそばも出てきて、至れり尽くせり。

さらに、中央の臼でつきたてのお餅を蕪おろしとポン酢で頂く(ピントが合わない)。気分はもう、今年2度目のお正月!帰り際にはちゃっかりぜんざいも頂いたのだった。デザートデザート、とか言いながら…。

隣の建物は調理室。こちらは別の方が設計されたらしい。この日は能古島の浅羽さんご夫妻やプロデューサーの江副さん、ゆむたファームの高木さんなど、ちくご元気計画が終わってからなかなか会えてなかった人達に会えたので嬉しかったな。毎月ちくごに出張するのは大変だったけど、そこで出来た人とのつながりや経験は他に代えがたいものだと思う。

調理室の中へ。部屋の一角にはラウンジ的なスペースが用意されていて、コールマンのクーラーボックスに天板を乗せただけの簡易テーブルがかわいかった。

畳の小上がりもある。ここでゲストが泊まったりもできるんだそう。

ドラム缶から煙がもくもく。写ルンですレンズ、周辺の歪みはすごいしピントは遠いしでなかなか癖のある商品なんだけど、これは人物のポーズや煙の立ち方など含めてよく撮れた、気がする。

そしてPHONTOMの中へ。狛犬がかわいい。

今回に合わせて絵の展示や、器も飾られていた。右上の作品は萩の濱中史朗さんだな…

などと思っていたら、カウンターで濱中さんのカップを使ってコーヒーを淹れて頂いた。このカップ、杉さんが濱中さんに仕様をオーダーして作ったものらしい。

コーヒーを頂いてたら、本日休業で行けなかったMINOU BOOKS&CAFEの石井さんが登場。お店で話せなかったので、ここでいろいろ話せて良かった。僕も3年後、5年後の目標を立てて行動したいなあ。MINOUに行くためにまたうきはに来なければ。

PHANTOMではこれから食事会などのさまざまなイベントが行われるみたい。これまで、車を持ってないのでなかなか行くことが出来なかったけど、カーシェアだとガソリン代込みで5000円ぐらいで行けることが分かったので、これからは気になるイベントがあったら来るようにしたいな。

杉さん、おめでとうございます。素敵なおもてなしありがとうございました。