taromagazine™ / taro misako
SEL35F28Z
SONY α7用レンズ「SEL35F28Z」買った(2)
/
2019.1.21

前回の続き。新しく買ったレンズ、Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA(SEL35F28Z)を持って試し撮りに出かけてきた。
以下の写真はf11固定・RAWで撮影してLightroomでレンズ補正と露出を調整して、色は無調整で書き出したもの。
ブログ用に横2000px・圧縮率80%+TinyPNGプラグインで圧縮しているので、参考になるかな…と思いつつ…。

まずは玄関からの風景。護国神社から大濠公園まで続く木々のロケーションが大好きで、もう7年住んでる。
木の葉の一枚一枚、ビルの一つ一つまでしっかり写っているのは、さすがのゾナーブランドか。

自転車で出発。左奥の方まで続く車もボケずに写っていて、等倍で拡大したときに背筋がぞわっとした。

天神へ。35mmは歪みが大きいから、垂直は気にせず少し斜めの構図にしたりすると歪みが気にならなくなるみたい。
人工物とレンズのシャッキリ感の相性、良いな。

天神郵便局前。この頃になるとf11の解像感がつかめてきて、あえて人がごちゃごちゃしているところを撮ろうとしていますね。

花なんて久しぶりに撮ろうと思った。自分の場合、定期的に道具でモチベーションを上げるのも大事なんだろうな。

お気に入りのテトラ。これぐらいの距離感だと水平気味でも歪みは気にならない。

今日の目的地、美容室へ。いつも通ってる「gram」の出張所「チビグラム」。

部屋の隅っこにあるオフィススペースにいい光が来ていたので思わず撮影。すごく好きな雰囲気だけど、右のコートが潰れてしまったのが残念。無印α7じゃなくてα7Sならこういう環境でも写るのかな。4万円ぐらいの差だったから、ちょっと奮発して買えば良かった…とときどき後悔している…。

工場みたいに薬品が置いてあるコーナー。好き…。

本のラインナップは本家の店舗が「ちょっとした書店か?」と思うぐらい充実してて、こっちは控えめ。切り株のテーブルが可愛かった。
この日は2ヶ月ぶりの散髪。気分がちょっと下がり気味だったので、写真撮影も含めて気持ちを切り替える良い活動になったかな。


こんな感じで初めて撮影してみたSEL35F28Z+f11固定の組み合わせ、カリッとしたレンズ本来の描写力が活かされたかなりの解像感があり、これまで基本的にf2.8〜f4ぐらいを使ってきた自分としては隅々までディティールが写る新世界だ!と、かなり興奮した。
f1.4とかのボケボケの写真もファンタジックで好きだけど、自分の目より高性能な目があった!という感覚があって、いちいち新鮮で楽しい。
しばらくはこの設定で撮りまくって、慣れてきたら「あえての開放」が出来るようになるはず。デジカメ買い始めて20年ぐらい経つけど、いつまで経っても楽しいな…沼は広くて深い!