taromagazine™ / taro misako
VOUL & SAKURAJIMA
VOULと桜島
/
2019.1.30

鹿児島初日、宿のある天文館周辺からはなかなか見えなかった桜島。
気になるお店を探して海の方に向かうと、ようやく姿を見ることができた。

6〜7年ぶりぐらいの再会。記憶していたよりも大きかった。
撮ってるときは手前のビルが邪魔だなあと思ってたけど、こうやって見ると対比が面白いかも。

港を奥に向かって進んでいくと、見えてきたのは…

instagramで宮崎の後藤修さんが紹介されていて気になっていた「VOUL」でした。
スケートランプ併設のカフェ&ショップ。錆びた金属製のロゴがいい感じ。

高専に通っていた学生時代、若干荒れたクラスだったので、教室の後ろに自作のランプが置かれてたのを思い出した。
スケボー、ずっと興味があるんだけど、試しに乗ってみるたびに転ぶ→恐怖心の芽生え→数年のブランクの無限ループでぜんぜん仲良くなれる気がしない。
そうこうしている間に友人のよしいちひろさんがスケボーに乗っている姿をインスタで見かけたりして「先を越された!」と焦ったりしている…僕も街中を軽快にプッシュで移動してみたいものだ。

店内はこんな感じ。手前にはショップスペースもあって、アパレルやスケートデッキ、アキヒロジンさんの作品なんかが並んでいた。今回は飲み物だけだったけど、カレーが名物らしいので今度は挑戦してみたいな。ごちそうさまでした。

お店から帰る途中で見掛けた、ビルと木の間から覗く桜島。鹿児島のお店「OWL」で見た、平野太呂さんや濱田英明さんが撮った桜島のポストカードセットに影響を受けて、自分で撮ったらどうなるだろう…と思って撮ってみたもの。

こっちは大きな倉庫と桜島。専門学校で講師をするようになってレイアウトのバランスについて客観的に判断する能力が上がったと感じるんだけど、これはかなりバランス良く撮れた気がする。自分が写真展するんだったら大きく飾りたいな、と思った。どんなテーマの写真展だよって話だけど…。

今回もα7+SEL35F28Zで撮影。何枚かは35mmを1.5倍の焦点距離に変換するAPS-Cモードを使った。