taromagazine™ / taro misako
MUJI
リネンのシーツは脱水時間がポイントらしい
/
2019.2.18

昨年は明るい気分になりたくて、IKEAの派手な布団カバーを使っていた。今年はちょっとミニマルな雰囲気が気分になってきたので、カーテンとお揃いの色(グレー)の布団カバーを買ってみることにした。麻の素材で6900円とやや高めだったけど、無印良品のセールで30%OFFに。

さっそく洗濯して使ってみたのがこの写真なんだけど(ベッドは同じく無印の脚付きマットレス)、シワが気になって仕方がない…。
このことをinstagramに書いてみると、「これはこういう商品だと思って使ってました」とか「おそろ♥」というコメントと一緒に、「使っている内にシワ目立たなくなりますよ〜」とのお返事が。使っている内に柔らかくなっていくってことかな。

Webで「リネン シーツ シワ」で検索すると、どうやら脱水の時間が長すぎるのが原因らしい。麻は水切れが良いので、20秒ぐらいでストップさせて濡れたまま干して、水の重みでシワが取れるという仕組みなんだとか。全自動だと脱水時間が調整できないから、手動で洗濯する必要がありそうだな。

布団カバーが2枚になって、気軽に洗濯しやすくなったのも嬉しい。外も少しずつ暖かくなってきたから、そろそろ毛布も洗いたいな。

tags: