taromagazine™ / taro misako
KYUSHU LOGO
「負け犬たちよ!これがロゴデザインだ!!」会議
/
2019.2.28

大名小学校のスタートアップカフェで行われた、『「九州ロゴ」グランプリ茂村巨利さんと語る! 「負け犬たちよ!これがロゴデザインだ!!」会議』に行ってきた。

2017年12月に行われた伝説のイベントが待望の第2弾開催!
熊本の無名デザイナー2人が、「九州ロゴ」デザインの、大きなコンペに破れ、自らのボツ案を出し合って傷をなめ合う、デザイン・トークイベント。参加者100人・興味あり1,105人を集め、好評を博しました!
あれから、1年。ついに「九州ロゴ」が決定し、そのグランプリを勝ち取った茂村さんをお招きし「ロゴデザインとは何か?」を、負け犬の2人が聞いて行きます!
世界中の有名企業が、軒並み「ゴシック化」していき、slackのロゴ変更が話題になったり、日本のスタートアップもロゴデザインに力を入れ始めた、この時代。
改めて、ロゴデザインって何ですか!?

【登壇者】
佐藤かつあき 氏 株式会社かつあき 代表
杉村武則 氏 OVAL 代表
茂村巨利 氏 茂村巨利デザイン事務所 代表

【タイムテーブル】
19:00 イベントスタート
(パネルディスカッション)見事グランプリを勝ち取った、茂村さんの提案書を見ながら、ロゴデザインについて考えます。
20:45 質疑応答
21:00 イベント終了


「九州ロゴ」については福岡県のこのページに詳しく書かれているけど、「九州をイメージさせ、視覚的に分かりやすいロゴマークを作成し、活用することで、九州が一体となったさまざまな分野における取り組み、九州の連携する姿を分かりやすく国内外にPRする。」のが目的らしい。

このデザインは日本タイポグラフィ年鑑2019でグランプリを受賞したということもあり、会場は満席。茂村さんのスライドがめくられる度にみんなiPhoneでバシャバシャと写真を撮っていて、すごい人気だった。

実際にコンペで使われた「九州ロゴ」の提案書も見せてもらったんだけど、微に入り細に入った仕上がり。
僕は普段、小〜中規模のお客さんとやり取りすることが多いので、ここまで細かい資料を用意することはないんだけど、大企業とやり取りされている茂村さんが普段、どんなコミュニケーションを行っているのかの一端が見えたので、参考になった。


気になったのは「九州ロゴ」自体の存在意義や使われ方についての話で、会場内からも一部ツッコミはあったものの、その辺りの議論は曖昧だったように思う。もっと少人数で車座になって話すぐらいの会だったら出来たかもしれないけど、今回はこの人数で茂村さんのプレゼンを聞くのが大事なことだったと思うし、仕方ないかな。
(この辺りの議論は東京で行われているトークイベントに行ってもふわっとしがちな気がするので、難しいんだと思う)

最近は福岡のグラフィックデザインのシーンはあまり元気が無いように感じられるので、こういうイベントが開催されて多くの人が集まったこと自体が良いことだなと思った。


イベントの後は会場に集まってたシェアオフィスのメンバーで、「たら福」で打ち上げ。初めて行ったけど、こちらもすごい活気でした。