taromagazine™ / taro misako
DAILY BLOG
ブログを毎日更新するメリット
/
2019.3.27

昨日はブログの連続更新100回目ということで、更新期間中に人気があった記事をまとめてみたんだけど、書いてる途中で「あれ?これってただの自慢じゃない?」という気がしてきて、どうも気が乗らないまま更新してしまい、公開した後もひとりで反省会モードに…。

そういえば、本当は「ブログを毎日更新すること」の良さについて書いてみたいんだった。
というわけで、今日は毎日更新することで、こんな良いことがありますよ…という話。


◯毎日更新することで、記事の質は上がる
面白いもので、「いいネタを思いつくまで書かないぞ」という気持ちでいると、アイデアはなかなか降りて来ません。
「なんでも良いから毎日書く」と決めることで、アウトプット先があることを意識するようになり、同じ日常を過ごしていてもインプットの質が変わったり、ふとしたときに頭の中で文章の構成を考え始めたりするような変化が起こります。
それによって一つ一つの記事の質が上がっていく気がします。

◯「流れ」を意識するようになる
毎日更新していると、文章を書いている内に「あれ?今日は調子が良いぞ」というタイミングが訪れることに気付きます。
そんなときは「流れ」が来ているとき。書きながらどんどんアイデアを膨らませたり、考えを深めていくことが出来ます。
こうしたタイミングに気付くことが出来るのも、定期的に更新すると決めているから出来ることだと思います。

◯自分を客観的に見つめる
毎日更新に限らないけど、「自分を客観的に見る視点を持てる」というのもブログのいいところ。
僕は主観が人一倍強く、物事を見る視野が狭くなりがちなので、ブログを読んでくれる人がいることを想像することで、自分を客観的(メタ的とも言えるかも)に見るもう一つの視点が生まれ、それが自分の心のバランスを整えたり、デザインの仕事でも主観になりすぎることを防げている気がしています。これを定期的に行うことで、いろいろ整ってくるはず。

◯ブログが独り歩きしてくれる
僕は自分が思っていることや、やっていることを言葉にして話すのが苦手なんですが、ブログなら書けるので記事にしておくと、実際に人と会って話をするときに「ブログに書いていたあれ…」みたいに話題に出来るのはもちろん、「ミサコさんって◯◯ですよね」みたいに、自分から話していないことまでブログから勝手に読み取って、キャラクター像を想像してもらえるのも有り難いです。


…後半はブログ自体の魅力の話になってしまった。
最初はチャレンジとして始めたブログの毎日更新も、最近ではジョギングや、野球の素振りのような日課として取り組んでいて、それが毎日の暮らしの活力(何もない日でも、ブログだけは書けたという小さな達成感とか)になっていて、自分を助けてくれています。
そんなわけで、明日も更新しようと思います。


今日はシェアオフィスのお花見の日。仕事もあらかた片付いたし、持ち寄り用のお寿司も注文してあるしで準備は万端。2年続けてこの時期は体調不良でお花見を楽しめなかったので、今年こそは楽しい時間にしたいな。

写真は近所の「ゴンゴン」のブンボーフエ(牛肉のライスヌードル)。最近はゴンゴンだとこればっかり食べてる。


tags: