taromagazine™ / taro misako
BIOTOP FUKUOKA
「BIOTOP FUKUOKA」が赤坂・護国神社前にオープン
/
2019.5.2

少し前にひっそりと閉業した、創業1967年のレストラン「青山」。
大好きな工藝風向さん、珈琲美美さんと並ぶこの場所で、何やら工事しているな…と思っていたら、あっという間に新しいお店が出来ました。
アパレルの「JUN」グループが運営するファッション・ボタニカル・フードを提案する複合型ショップ「BIOTOP FUKUOKA」。東京・大阪に続いて3店舗目の出店になります。

JUNグループにはADAM ET ROPEやA.P.C.(現在は運営が変わってるみたい)などのお店にお世話になっていて、BIOTOPも行ってみないとな〜と思っていたら、最寄りのスーパーより近所に出来てしまい、最近の六本松パワーを感じています。

…というわけで、さっそく行ってみました。

建物は2棟構成になっていて、左側2Fのアパレルフロアではマルジェラ・ギャルソン・オーラリー・visvimなどのブランドが並んでいました(男女両方置いてるけど、メンズしかチェックしてないです)。

agnes.bや、Webサイトを担当している福岡のFUJITOさんのエクスクルーシブアイテムもあり、興味あったけどお財布の重さが足りない…我慢我慢。

右側2Fは「BIOTOP NURSERIES」。植物を取り扱っています。
こちらは洋服と違って買いやすい価格のものが多いので、お世話になることもありそうです。

1Fはイタリアンをベースにしたカフェ&レストラン「RAMUSIO」。昨日行ったときはお客さんが多くて写真が撮りづらかったので、今朝撮ってきました。朝9時〜営業だから週末のモーニングとかに良いのでは…と思ったけど、フードメニューが簡単な揚げパンみたいなものしか無かったので、充実を期待したいところです。
Webサイトには「料理家・渡辺康啓氏がキュレーションした話題のお茶やスイーツを…」と書かれてたので、今度はお茶しに行ってみようかな。


この場所にBIOTOPが出来るって最初に聞いたときは「大丈夫かな…」と勝手に心配してたんですが、行ってみたらカフェがかなり繁盛しているし、よく考えたら大濠公園・福岡市美方面と大名方面、六本松蔦屋書店からのお客さんの流れが交差する良い場所なのでは…という気がしてきました。

お散歩圏内のお店なので、これからの展開も楽しみです。

tags: