taromagazine™ / taro misako
SFPC
SFPC Summer 2019 in Yamaguchi
/
2019.9.2

9月4日(水)〜11日(水)にかけて、山口情報芸術センター[YCAM]で行われる集中ワークショップ『SFPC Summer 2019 in Yamaguchi』のアートディレクションを行いました。

講師を務めるアーティストのチェ・テユンさんが描かれたドローイングを元に、アイキャッチとなる「SFPC」の文字を大きく四隅に配置したものをキービジュアルに、YCAMのインハウスデザイナー・高原歩美(ガス欠)さんと協働で会場バナー・配布物などをデザインしました。
開催期間中に写真を撮りに行こうと思うので、後日WORKSにも掲載しようと思います。


SFPC(School For Poetic Computation=詩的なコンピュテーション)はニューヨークで創設した、コンピューターを用いたアートのための学校。そのSFPCがYCAMで1週間の集中ワークショップを行うというのが、今回のイベントです。

詳しい情報はYCAMのWebサイトを読んで頂くとして、このお仕事のお話を頂いたとき、「詩的なコンピュテーション」というキーワードとテユンさんのドローイングの持つ「優しさ」が印象に残りました。
今回のテユンさん、YCAMさんとの協働やイベントを通して、今後の自分の表現やコンピューターとの関わり方に変化が生まれる気がしています。

ワークショップ受講者の募集は残念ながら終了しているのですが、9/7と11に行われる関連イベントは参加者募集中です。
僕は11日の報告会に行ってみようと思っています。英語でのイベントになりますが、ブロークン・イングリッシュでOKらしいし、プレゼンテーションなら楽しめるはず。


EVENTS


EVENT1
詩的なコンピュテーションとは何か?


SFPCがこれまでに行ってきた取り組みの紹介や、「これからのプログラミング教育の在り方」「これから求められるクリエイティブ人材について」「コミュニティとネットワークの形成方法」などをテーマに議論を展開します。

日時: 9月7日(土) 18:00〜20:00
会場: スタジオB /定員: 50名 参加無料(要申込)
申込締切: 2019年9月5日(木)


EVENT2
SFPC Summer 2019 in Yamaguchi報告会


SFPCの成り立ちや取り組みなどの概要を紹介するとともに、ワークショップ参加者による、ワークショップでの学びを発表するプレゼンテーションを実施します。また、SFPCの講師陣とYCAMのスタッフによるワークショップ全体のまとめもおこないます。

日時: 9月11日(水) 13:00〜17:00
会場: スタジオB/定員: 50名 参加無料(要申込)
申込締切: 2019年9月10日(火)


申し込み方法
・ ウェブサイトからフォーム記入 … ycam.jp
・ YCAM1階のチケットインフォメーションにて直接予約

tags: ,