taromagazine™ / taro misako
CHRISTIAN BOLTANSKI
~ 2020/1/5(日)クリスチャン・ボルタンスキー『Lifetime』に行ってきた
/
2019.11.25


東京方面の人たちが電球で「来世」と書かれた作品の写真をUPしていて気になっていた、フランスを代表するアーティスト、クリスチャン・ボルタンスキー。
長崎県美術館での巡回展が始まっていたので、福岡から特急かもめに乗って観に行ってきました。

今回は回顧展ですが、会場全体が一つの作品(インスタレーション)として設計されています。古い写真や電球、古着といった日常的な物を使い、人が生きていること、死んでしまうこと…について考えさせられるような、祭壇のような空間です。

何も考えずにふらっと入って「きれいだなあ」「ちょっと怖いね」と感じるのも良いし、会場で配られている新聞のようなテキストを見ながら『Lifetime(人生)』というテーマについて深く考えられる展示だと思いました。

アニエスベーのファンとしては、同ブランドが出しているフリーペーパー(ポワンディロニー)参加アーティストの作品が大量に観られて嬉しかったです!

◯クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime | 企画展 | 長崎県美術館

tags: ,