taromagazine™ / taro misako
REMOTE WORK 2
リモートワーク始めました日記2 – 仕事環境、モンブラン、ナカコーライブ
/
2020.4.7

昨日の夜から激しい咳で一時間ごとに目が覚める。体調が落ちているときに出てくる持病の咳喘息で、上体を起こすと治まるけど、横になると咳が止まらず…。力尽きた兵士みたいに壁にもたれてようやく眠ることが出来た。

翌朝、薬をもらいにかかりつけの内科に。ステロイドの吸入器をもらって、これでこんばんは眠れるはず。

今日は呼吸が苦しかったので、リングフィットはお休み。福田さんと朝のリモート打ち合わせを終わらせて、作業開始。
後ろのディスプレイはゲーム用で解像度が低いので、Mac OSの新機能「sidecar」でiPad Proをサブディスプレイにしています。無線でストレスなく繋がるし、ペンシルの筆圧も使えてかなり便利。年度末のハードな仕事は終わったから、しばらくは大型ディスプレイ無しでも大丈夫そう。Macの方はKickFlipという貼り付け式のスタンドで高さを調整しています。


あと @sbr さんのお勧めで買ったAnkerの無線スマホ充電器が地味に便利。機種変でUSB-CからLightningに変わってイライラしていたのが解決しました。2個セットを買って、自宅と事務所の両方に置いています。
こういう仕事環境の紹介は、動画にしても面白いのかな?


おやつの時間になり、散歩に出ていた家族がモンブランを買ってきてくれた。桜坂のオーフィルドゥジュールというお店のケーキは見た目も味も素晴らしくて、近くにあって嬉しいお店の一つ。

夕方は太宰府天満宮の加藤さんが撮影する荷物を持ってきてくれたので、お返しに妻の実家のデコポンを持って帰ってもらう。

そうこうしていると、twitterで元SUPERCARのナカコーが自宅?でライブを始めたので思わず作業の手を止めて見入ってしまう。ソロ曲メインだったけど、最後は『AOHARU YOUTH』で盛り上げて終了。視聴者数が200人にも満たないのが信じられないぐらい、文字通りアットホームでいい演奏だった。

世の中では緊急事態宣言が出て、これまで以上にいろんな制限が出てきそう。心配だな。