taromagazine™ / taro misako
REMOTE WORK 22
リモートワーク日記22 – イラスト練習、散歩、展示のこと
/
2020.4.27

昨夜の話。寝る前に少しでも練習しようと思って、iPadのAdobe Frescoでイラストを描いてみる。
お手本をなぞろうとしてブラシをいろいろ試していたら、「かすれ」というブラシを太くすると面白い質感になることが分かって何枚か描いてみる。twitterにも投稿してみたけど、意外と反応があって嬉しい。

朝は少し早起きして、散歩に出かける。コンビニでコーヒーを買って、六本松駅の裏を歩く。

輝国のあたりで藤棚を発見。今週の鬼滅の刃、良かったですね。

昨年から急に花が気になりだした気がする。

午前中は福田さんとリモートで2時間みっちり打ち合わせして、作業を始めたんだけど体調がすぐれず、午後は休み休みの対応。

あまりに動けなかったので、布団の中で窓際のお花の絵を描いてみたりする。

InstagramのストーリーにUPしたら反応を頂いたので、恥ずかしさも手伝って説明を送ってしまったのだけど、男の人が成長するに従って捨てないといけなかった、弱さとかやさしさみたいなものをテーマに作品を作れないかと思っていて、そのための試作中です。
ALBUSさんの営業が再開して落ち着いたら、お店の一角で展示させてもらおうと思っています。

こういうことを考えると、周りの人(なぜか男性が思い浮かぶ)からネガティブな反応が返ってくることをすごく心配してしまうのですが(お前みたいなレベルで展示なんて笑わせるぜ!)、それなりに生き辛さを感じてきた40歳の男性が、それでも自分なりに生きようとして、手足を動かしてばたばたする様子を誰かに見てもらえたら…。

今日は早めに休んで、明日はもう少し動けますように。
おやすみなさい。