taromagazine™ / taro misako
HEN
2020.7.4(土)~14(火) 三迫太郎「HEN」のお知らせ
/
2020.6.11

きっかけ

40歳になったのをきっかけに、やってみたかったことの一つが展覧会。
最近始めたYouTubeだって、今のデザインの仕事だって、最初は受け取る側だったのが、次第に「向こう側に行ってみたいな…」と思うようになることが、何かを始める原動力になるみたいです。

僕の周りにはものづくりをする人が沢山いて、作品を見て、本人と話すことで、沢山の視点や楽しさを受け取ってきました。そうしている内に、そろそろ自分が何かを「展示する」ことを始めてもいいのかな…と思って。

展示のこと

展示することを話したら、何人かの人には「過去の仕事を紹介するんですか?」と訊かれたんですけど、仕事を紹介して今後の仕事に繋げたい…という狙いはぜんぜん無くて。去年から始めた、手を動かして絵を描くことで生まれるものを展示するつもりです。
デザインについては考えたものを形にすることに違和感はないけど、絵については自分の技術が不安定ということもあって、描くたびに何が出てくるか分からないのが面白くて、その感覚を見てもらえたら良いなと思っています。

タイトルについて

そんな感覚を表現するのに、タイトルは「HEN」にしました。
元々はジェンダーについての展示をしたいと思っていて、そのときに見つけたスウェーデン語のジェンダーフリーな代名詞のことなんですが、「変」という日本語でもあるなと気が付いて。どんどん変化していきたい…という「変」だったり、「へんてこ」の「変」とか、いろんな意味を持たせられそうで、この名前に決めました。

会場のこと

警固の写真屋「ALBUS」さんの、1Fにある小さなスペースで行います。
アルバスの酒井さんとは11年前にお店が出来るときに「名刺を活版印刷で作りたい」と相談を頂いたときからの関係だから、もし展示がスベっても、笑顔でゆるしてくれるはず…という甘えです。2階のギャラリーだと広すぎるけど、1Fなら初めての展示でもなんとか形にできるかもしれない…と、相談しました。
今週に入ってから展示の話を決めたんですが、普通は2ヶ月ぐらい前から告知や準備を始めるらしいですね…。開催まであと1ヶ月弱でどんなアウトプットになるか分かりませんが、初めての展示をお楽しみに!

※ちなみに、同じ日程で、2Fのギャラリーでは写真家・作家の植本一子さんの写真展「うれしい生活」が行われます。
大好きな作家さんなので、こちらも楽しみ。合わせて観に来て頂けたら嬉しいです。


**

三迫太郎/HEN

2020.7.4(土)~14(火) 水・木曜休廊
11:30~18:00
ALBUS 1F (福岡市中央区警固2-9-14 MAP
入場無料

40歳を目前にした昨年から絵を描き始めました。ずっと続けてきたデザインの仕事に比べると、絵についてはまったくの初心者。描くたびに「自分はこんな絵を描くんだ!」という驚きがあり、それは新しいカメラを手に入れて、街に飛び出すときの気持ちに似ている気がします。

そんな楽しさ、むずむずした気持ちを形にするために、初めて展示を行うことにしました。絵や紙で作ったあれこれ、iPhoneで撮った写真、ZINEなどが並ぶスペースを作ってお待ちしています。

三迫太郎(みさこたろう)
1980年生まれ。福岡からお届けするひとりWebメディア「taromagazine™」の中の人です。デザイン業と並行してZINEイベント「10zine」やクリエイティブメディア「CENTRAL_」、CINRAさんの「HereNow Fukuoka」 にも参加しています。

twitter @taromisako
instagram @taromisako

taromagazine™
taromag.misaquo.org

10zine
10zine.org

tags: ,