taromagazine™ / taro misako
KYOCERA T PROOF
Yashica T4と京セラ Tプルーフのこと
/
2011.8.21

SONY DSC きっかけは、VIOROのビブリオテークさんで見つけた「mono kultur」という雑誌から。
大好きなライアン・マッギンレーさん(先日の全裸PVの方です)のインタビュー号を見つけて
ぜひ買わねば!とレジに持って行ったら、石井さんが「旦那、ミランダの号もありまっせ」
とは言ってないんですけど、これまた大好きなミランダ・ジュライさんの号も
見せてくださったので、一緒に購入しました。

SONY DSC マッギンレーさんの号には日本語訳がオマケで付いていて、これまでの経歴などがとっても分かりやすく
書かれていて大変勉強になったんですが、その中で気になったのがこの一節。
この「Yashica T4」というカメラ、一体どんなカメラなんだろう…と思って調べたら、
チープだけどレンズはカールツァイス・テッサー(たまたま先日買ったレンズの兄弟でした!)だとか


テリー・リチャードソン氏の愛用カメラだとか(この動画だとただのエロいおっさんに見えますが
あの広告やあの広告もこれで撮ったんだーと思うと、感慨深いものがあります)、
それを知った女優の成海璃子氏がご購入なさったとか、なんだか面白い情報がいろいろ入ってきて
これは買うしか!と思ってリサーチ開始。

すると、T4自体は1992年発売の一昔前のコンパクトカメラなのですが、
結構なプレミア価格が付いていて、ヤフオクだと3万円台、ebayで200ドル台と、
買えなくはないけどちょっと躊躇する金額。更に調べてみると、京セラの「スリムT」というカメラが
T4の日本国内版で、中身はおんなじだけど安い、ということが判明。
ヤフオクのアラート機能を駆使(キーワードに引っかかる商品が出品されたらメールが届く)したところ、
1995年発売の「Tプルーフ」という後継機が出品されたので、こちらを8000円でサクッと落札しました。

SONY DSC そして届いたのがこちら!見た目は超モッサリしています。
電源を入れるとウィーンと電動でレンズが出てくるのが、なんだか新鮮!
デジカメよりもメカっぽい感じがするから不思議です。ちなみにレンズは35mmのf3.5。

SONY DSC この機種の面白いのは、上にもファインダーが付いているところ。これは意外と便利かも…。
初めての枚数カウント表示にもドキドキしますね…。

SONY DSC ちなみに程度はあまり良いとは言えませんが、プラスチック素材なのでこれぐらいの方が
逆に気楽に扱えそう…ということにさせてください。ちなみに「プルーフ」の名前のとおり、
シャワー程度の雨なら耐えられるようで、低山部の活動にも使えるはず…。

SONY DSC ストラップは迷ったのですが、結局手芸店のストラップ金具(80円)+モンベルのカラビナ(270円)の
コンビにしました。意外と重たくて重心のバランスが悪かったので、リュックやズボンに
ひっかける感じでいいんじゃないかなあ、と。

000024 アルバスさんでSolarisのフィルムを買って(値段で選んでしまった…)さっそく撮影に挑戦。

000019 お盆に帰省した時のおばあちゃんはこんな感じに撮れました。
さっそく今度の10zineで作るzineに活用してみようと思います!


<おまけ>
2011/9/2~9/25までの期間、ビブリオテークさんでは
「cafe&books bibliotheque 5th anniversary うきは百姓組×bibliotheque」
というイベントを行われるそうです。
期間限定メニュー「うきはのごはん」や「うきは百姓組のビュッフェイベント」
雑貨などが並ぶ「うきはの手仕事フェア」など、最近福岡県内でブイブイ言わせている(僕の主観です)
うきはエリアのパワーを感じられるイベントになるんじゃないでしょうか。楽しみです!
http://www.cporganizing.com/bibliotheque/fukuoka/event/index.html

tags: