taromagazine™ / taro misako
今泉の「ALPINE」で、フレンチ定例会議
/
2010.4.9

001
先日、お客さんとアートディレクターさん、コピーライターさんと打ち合わせのあとに
「この続きは飲みながら…」ということで、今泉の「ALPINE(アルピーヌ)」という
フレンチのお店に連れていっていただきました(ありがとうございます!)。

このお店はcafe azulのある古民家が並ぶ路地の一番奥にあって、
雪山のロゴマークが印象に残っていたものの、ずっと「何のお店だろう…」と
思っていたので、今回初めて謎が解けました。

002
003
築30年以上の古民家を改装しているそうなのですが、アルピーヌ(=アルペンの)
イメージ通り、雪山のロッジのような内装になっていました。
写真を撮っておきたかったのですが、食べ物の写真ばっかりですみません…。

前菜とメインを選べるプリフィックスコースを注文して、
それぞれ別々のものを選んだのですが、1つ1つのボリュームがしっかりしていて
食べ終わったあとは、2×4人=8品のコースを食べたような満足感!

004
005
他の三人がそれぞれの業界の第一線で活躍されているプロばかりということもあり、
お仕事関係のお話が面白すぎて料理の感想が疎かになってしまったのですが
(ご馳走になったくせに)、それぞれのメニューがとても美味しく、
何よりお店の方の距離の取り方がとっても自然で、とっても気持ちのいい時間でした。
今度は何かの記念日に、二人で来てみたいなあ…。

22時に飲み始めて、気付いたら28時だったので驚きました。いやー面白かったです。
一応「定例会議」ということなので、今後も楽しみ楽しみ。