taromagazine™ / taro misako
熊本と赤酒
未分類
/
2009.1.28

012 お仕事の打ち合わせとロケハンで、熊本へ。工場見学っていつでも楽しい。
酒造メーカーさんで、日本酒のお話をいろいろと聞かせて頂きました。
熊本には「赤酒」という灰を使って造る昔ながらのお酒があるんですって。
地元では味醂のような使い方でお屠蘇にしたり、料理に使ったりするそうです。へええ。

022 と、お昼になったので近くの適当なお店でお食事へ。
僕、お店の外観には微妙なフェティシズム(?)を持っているのですが、
これは・・・なかなかのものですね。
お店の中には店主のお子さんのお習字「夢」や図画工作で描いた絵などが
貼られているところも高得点!

032 そして煮魚が旨い!急いで食べたので(お仕事中ですからね)微妙にブレてますけど
普通の煮魚より濃厚でトロっとしたこの煮汁、もしかして・・・

042 と思ったら、「地酒を中心に味付けし、煮付けしたものです」これが赤酒か!
さっそく赤酒を買って帰りたかったのですが、打ち合わせが目的なので
わがままを言わずにおとなしく帰りました。福岡で買えないのかなあ。

052 帰りの高速で太宰府方面から天神に戻るときに、アップダウンの関係で
こんな風に視界が開けるんですけど、毎回「わぁ」って思いながら帰ってます。
ペーパードライバーなので、いつでも助手席です。