taromagazine™ / taro misako
【´-`】Yo La Tengo Murder the Classics
未分類
/
2009.2.27

dsc_0728 ピンポーン!三迫家に久々の国際貨物が入荷しました。

018 いつも見ている恵文社の堀部篤史さんのブログで知ったCD
「Yo La Tengo Murder the Classics(ヨ・ラ・テンゴの名曲殺し!)」。
一応、彼らの大ファンのつもりなのですが、リリース関係には疎いので発売されていることに
気づきませんでした。公式サイト限定販売で、13ドル+日本への送料3ドル。ジャケットがかわいい!

内容は、アメリカのラジオ局WFMUの運営資金を集めるためのイベントの録音。
寄付をした人が電話でカバー曲をリクエストでき、その場でヨラテンゴの3人が即興演奏をするというもの。
餌食になったのは僕が知っている範囲でもストゥージズ、NRBQ、ルー・リード、ブライアンイーノ、
イエス、フー、ソニックユース、ビリージョエルやオノヨーコまで!約70分で30曲を弾きまくります。
楽譜も見ないでこれだけの演奏を出来るのがすごい(楽器が弾ける人だともっと分かるんだろうな…)。
電話口で小さい女の子が一緒に歌ってたりしてかわいいですよー。

026 せっかくなので、同じく公式サイト限定販売の「Sounds Of The Sound Of Science 」も注文しました。
10ドル+日本への送料3ドル(一枚ごとに送料が必要です)。
2枚合わせて29ドル、2009年2月現在で2842円で買えた計算になります。

こちらはフランスで作られた海洋生物のドキュメンタリーの上映会の際に、映像に合わせて演奏された音源。
こういう全編インストのサントラ物って大体ハズレがないのですが
今回も大当たりで、ちょっとエレクトロニカっぽい音が新鮮。
1曲目のドラムの音だけで、「これは!」って、ビビッと来るもんなあ。

気がついたら結成25年のヨラテンゴ、2年前に観に行ったライブ以来、自分にとって大事なバンドの
一つになりました。また福岡に来てくれますように。いい子にしてますから。


ちなみに音楽はこんな感じ。引き出しが多過ぎる人たちなので、曲によって全然ちがいますけど。
これは比較的おしゃれっぽい感じの曲ですね。


で、演奏してるのはこんな3人です。最高すぎる…。
真ん中のジェイムズはリラックマとかのキャラクターを作っているSAN-Xが大好きで、
来日の際に本社に遊びに行ったりしていました


Yo La TengoのMySpace
http://www.myspace.com/yolatengo

tags: