taromagazine™(archives)
波佐見陶器まつり「HANAわくすい」ほか
/
2009.5.2

009
波佐見に行く人には必ず立ち寄ってほしいのが、老舗メーカー・西海陶器さんの製陶所跡地。
波佐見陶器まつりのメイン会場からも近いですし、観光ガイドなどにも載っているので
アクセスも便利です。昔は陶器を作っていた建物を改装して、素敵な店舗が並んでいます。


1. HANAわくすい(花わくすい/雑貨・エクステリア)

003
僕が一番おすすめなのはこのお店。店内の撮影はNGだったので、写真はお店の外から。
この方のブログを見ると分かりやすいかもしれません)

005
オーナーの高塚さんが全国から集めた雑貨が並んでいるのですが、
定番ものから「今」を感じるもの、日用品までセレクトのセンスが絶妙で、
こういうバランスのお店はなかなか無いと思います。レイアウトも美しく、ギャラリーみたい。

004
お店の立地も手伝って、おばちゃんや親子連れが普通に入って「あら、いいじゃない」と
品物に出会っているのを見ていると、なんだか嬉しくなります。
http://www.saikaitoki.com/shop.html


2. monne porte(モンネポルト/ギャラリー)

001
地元や県外の作家さんの商品を展示販売しているギャラリー。
ライブや演劇なども行われているみたいです。
この日はいつもの作家さん達は屋外で展示をされていて、
ギャラリーの中では京都の作家さんたちの作品を販売されていました。

002
僕は京阪堂さんのポチ袋をいくつか購入。こっち方面の雑貨は普段ノーマークなので
嬉しかったー。カピパラの形をした椅子とかもあって、なかなかアバンギャルドでした。
http://monne-porte.jugem.jp/


3. monne legui mooks(ムック/カフェ)

006
波佐見参りのお昼ごはんはだいたいここで頂きます。
入り口の、犬の顔をしたてるてる坊主が目印。

007
古い建物をペンキで塗って、沖縄あたりで買ってきた
アンティークのアメリカンソファーをドーン!照明は裸電球でいいっしょ!的な
素敵にラフな空間(でも清潔感はある)で、
開けっ放しの窓から入ってくる風がとっても気持ちいいお店。

008
この日の前日からランチに加わった、チキンカレー(通称アニキカレー)を頂きました。
東京のレストランで働いているアニキさんという方が来店したときに伝授されたメニューとのこと。
バングラデシュ風だそうで、インドカレーやグリーンカレーとはまた違った風味が
美味しゅうございました。ボリュームが控えめなので、よそで買い食いしても安心です(?)

2Fには「ハンモック2000」というハンモックも展示販売されていて、
いつか手に入れたい…!と思っています。
http://www.mooks.jp/


4. 西海陶器 essenceショールーム(食器・雑貨)

010
昨年、カタログの編集・デザイン・撮影を担当させて頂いた西海陶器さんのブランド
essence」のショールームも定期的に開かれています。

essenceの方向性は2種類あると思っていて、
シンプルな形にほんの少し加えられた「かわいさ」のエッセンスが際立つもの(こんなの)と
波佐見焼を使って世の中の色んなものを陶器で表現しようというもの(こんなの)です。

普段使いにもちょうどいい価格帯なので、自宅で使ってもよし、
贈り物にもいいと思いますよー(宣伝)。


【4店の住所】〒859-3711 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187-4
詳細・アクセスなどは西海陶器さんのサイトからどうぞ


tags: