taromagazine™ / taro misako
波佐見陶器まつり「松原工房」さん
/
2009.5.3

0011 ※小倉の実家から更新しています。
波佐見シリーズその3です。こま2さんの奥様、いずみさん情報を元に、少し離れた松原工房さんへ。
古い建物をリフォームして、お店と工房にされていました。

0071 看板も手作り!太田さんと奥田さんのお二人が暮らしていたアパートが「松原荘」だったそうで(←ちょっとうろ覚え)
そこから付けたネーミングなんだとか。彫刻刀、懐かしい!蓮のマークが目印です!

0021 お店の中はライムグリーンとピンクの配色が、なんとなくフランスっぽい感じ。
仕事で関わりのあるメーカーさんは大きな会社が多いので、
この空間に販売スペースとろくろ・窯まで揃っていることに驚きました。

0031 波佐見陶器まつりに合わせて、お店の外にはお茶やお菓子が頂けるスペースが。

0061 屋外の座布団に座って、のんびり山とか草とか田んぼを眺めてまったり。
久しぶりにゆっくりできました。こんな環境で仕事できたら気持ちいいだろうなあ。

0041 陶器市名物のアウトレット製品、セール製品もありましたよー。
松原さんの陶器は薄手でとても綺麗なシルエットと、ポップな絵付けが印象的。
ここでこま2さんは水玉模様のカップをご購入。

0051 帰る間際にはお店の前にあるハーブをいろいろと分けて頂きました。
摘みたてのローズマリーを受け取りつつ、「うわーいいんですかー」などと言っていると
そばに居たおばちゃんに「いいのよいいのよ、元々はヨーロッパの雑草よ☆」と言われて面白かった。
いやいや、おばちゃんのハーブじゃないだろう(笑)!

今回もこま2さんの車に乗せていただいたおかげで、いろいろな場所を回ることができました。
ありがとうございます!一度行った場所にはルーラで行ければいいのに!


松原工房
〒859-3714
長崎県東彼杵郡波佐見町金屋郷1193-2
TEL0956-85-2080
営業時間:11:00~18:00
http://matubarakoubou.vessel-arita.net/

京都のけいぶん社貸本喫茶ちょうちょぼっこさんでも取り扱いがあるそうですよー。

tags: