taromagazine™ / taro misako
いま一度ライブハウスを洗濯し申す!ツアー
未分類
/
2009.6.9

0013
先週末にZepp Fukuokaで行われた、
「チャットモンチー 2009 いま一度ライブハウスを洗濯し申す!ツアー」。
チャットモンチーの3人はライブで見る度にどんどん上手くなっていて、
今や横綱相撲のような安定感もあり(と書くと大げさですが)、相変わらず素敵でした

…が、今回のライブは普通に上手い!という感じで、
先に聴いていた3枚目のアルバム「告白」をCDで聴いたときのようなインパクトは
ライブでは得られなかったなー。ライブの時間が90分弱と短かった上、
MCが引っ張り過ぎだったからかも(橋本さんのマイペースっぷりは面白かったけど)。
4000円+ドリンク代を払って来てる、中高生の人はちょっとかわいそうだなーと思いました。

途中で挟まれた、アコースティックのパートはとても良かったです。
こういうライブ音源、積極的にiTunesとかで売って欲しいのだけど、難しいのかなあ。

写真はライブの前日、仕事の資料用に買った雑誌「一個人」の坂本龍馬特集。
ドラムの高橋さんが橋本さんに福岡のTSUTAYAで買ってきてもらったーと
ステージ上で突然取り出してビックリ。ツアータイトルが「洗濯し申す」ですもんね。

告白

告白」の収録曲、ヴォーカル・歌詞・演奏のバランスが抜群で
飽きずに何度もループ再生できるような魅力があります。

曲は橋本さん、歌詞は三人がバラバラに担当しているのですが、
それぞれが歌詞を作ることで、「橋本絵莉子の音楽」ではなく
「チャットモンチー」という集合体(キャラクターみたいな?)が生まれているような
気がしていて、ここが他の女性ヴォーカルバンドとの違いかも。

率直な歌詞なので、聴いていて恥ずかしい人は恥ずかしいのかもしれないのですが、
大丈夫な人にはぜひ聴いて欲しい音楽です。

※この率直さ、何となく宇多田ヒカルに近い気がするなあと思うんですが、
あっちの方が楽曲のアレンジで一般向けに上手くアレンジしてる気がします。さすが!
チャットモンチーの方は、相当骨太な印象です。

tags: