taromagazine™ / taro misako
くるり「魂のゆくえ」「敦煌」
未分類
/
2009.6.25

00112
くるりの新譜「魂のゆくえ」が久しぶりにガツーンと大ヒットで
ずっと聴いています。久しぶりに「すごいぞ、くるり」のキャッチコピーを思い出しました。
これまで彼らが作ってきた音楽を全て丸めてぐちゃぐちゃにして
それを凝縮して土台にして、その上で鳴っているような音楽。

6/18[木]にZepp Fukuokaで行われたライブツアー「敦煌(ドンファン)」
福岡公演にも行ってきましたが、そんな印象を受けました。
今回のライブは珍しく2人+ドラムのボボさんという3ピース構成でしたが
かえってそれぞれの音が聴きやすかった気がします。全体的にソリッドな印象。
特に岸田くんのギターがすごかった。ギターが唄っているようでした。

2時間半、久しぶりにガッツリ音楽を聴けて満足満足。
アンコールでは京都音博(今年は行ってきます!)の宣伝に、
石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」も演奏してましたよー。


写真はお友だちのプレゼントを買いに行った薬院の北欧雑貨屋さん「TRAM」。
この、洗濯機が置かれている廊下が好きなんです。

魂のゆくえ

tags: