taromagazine™ / taro misako
博多・古門戸の「エルボン」/博多祇園山笠
/
2009.7.10

0018
ライターのYumiさんと中洲で打ち合わせした帰りに、30年続く古門戸のコーヒーレストラン
「エルボン」へ。ここ、以前の職場の人たちは常連だったみたいなのですが、
僕はなぜか行ったことが無かったので、初めて。昔ながらの喫茶店のおもむきと、
当時は相当おしゃれだったのであろう、和製イームズみたいな家具と照明が素敵だったのですが、
客席がお客さんで一杯で、写真が撮れませんでした。

0025
で、これが名物の牛焼スタミナ定食(750円)。
熱々の鉄板にジャポネソースをかけて、大量の煙がジュー!の図です。
大量のスパゲッティが付いているのに、さらにライス大盛りが付いて来るから恐ろしい!
他にも洋食メニューが揃っていたので、またトライしてみたいと思います。

0032
せっかくなので追加でコーヒーも頼んだら、普通のコーヒーがウインナーコーヒーでした。
この生クリームの固い感じ!こういうの、大好きなんですよね。
カップもクリームの容器も当時のものを大事に使っている感じでした。
お店も古いけど清潔で綺麗だし、こんないいお店なら、会社員のときに行っておけば良かったです…。
(失礼ながら、男の食堂!みたいなのを想像してた。スタミナ定食の話しか聞いたこと無かったので。)

エルボン
福岡市博多区古門戸町6-11[MAP]


0042
で、こちらは今日の午後の博多・中洲の様子。博多祇園山笠、練習が始まっていました。
この雰囲気、地味なんだけどすごく良いんですよね。

ラーメンで言うと元祖長浜屋の、しょっぱくて豚骨と油の味しかしないけど、
余計なことをしていない潔さがいい!みたいな感じでしょうか。良く分かりませんね。



たまたま動画が撮れるデジカメを持っていたので、ビデオも撮ってみましたよー。
最近は昔ながらの和の図案に、とても興味があります。

tags: