taromagazine™ / taro misako
iPhoneアプリレビュー「NESynth(NEシンセ)」
未分類
/
2009.8.8

IMG_0346
8/6[木]のリリースを楽しみにしていた、iPhoneで
NES(ニンテンドーエンターテイメントシステム/海外版ファミコン)の音色で
遊べるシンセサイザー「NESynth(NEシンセ)」。
リリースされたので、さっそく購入(230円[購入])してみました!

開発は茨城のソフトメーカー、ニューフォレスターさん。
タイトル画面がいきなり「ネメシス(グラディウス)」なのが熱い!
これ、思い付いたとき、作った人は嬉しかっただろうなあ。

寝起きに起動してピコピコ鳴らしているだけで、ファミコン世代の僕は
目がパッチリと覚めるから不思議です。
※ちなみに初めて買ったソフトは「トランスフォーマーコンボイの謎」。
2才年下の弟は、「セクロス」でした。何というくそゲー兄弟…


IMG_0347
モードは4つ。ダイヤルで簡単に音色を選べる「1 KEYBOARD」。
ちょっとスケール(っていうんですかね?)が短いのが気になるけど
押しやすさを考えると、これぐらいが妥当なのかな。
EFFECTという音色では、いろんなゲームでおなじみの効果音が
プリセットで入ってますよー。


IMG_0348
それぞれの波形をエディットできる「2 KEYBOARDS」。


IMG_0349
NESパッド型の「NES MODE」。
ちゃんとボタンにコードが書かれてるのが細かいですね。


IMG_0350
そして我らが「FC MODE」。
iPhoneが2台あれば、片方がなんと2コンになるらしい!さすが!
これとNESモードは、DJの方なんかが曲を流しながら横からピコピコ言わせるのに
意外と使いやすいのでは?と思いました(DJやったこと無いけど)。


IMG_0351
設定画面その1。ディレイやリバーブもかけられます。


IMG_0352
設定画面その2。「2 KEYBOARDS」用に、細かい音色を作り込めるみたい。
あとは自分が入力した音階を録音してループさせながら
さらに音を重ねる…というのが出来ると、これ単体で音楽が作れて嬉しいけど
230円という安さを考えると、充分な感じ。

せっかくMacを使ってるんだから、GarageBandで録音して音楽を作ってみようかな。
ミニジャックのステレオケーブルを買ってこなければ!




Web上でおなじみ、denkitribe先生によるデモ演奏。いつも惚れ惚れします。
やっぱり録音しないことには遊びの幅が広がらないな。頑張ろう!


NESynth(NEシンセ)
230円[iTunesで購入する])

tags: