taromagazine™ / taro misako
たのしい写真 よい子のための写真教室
未分類
/
2009.8.17

001
熊本への移動時間で、写真家・ホンマタカシさんによる写真の本
たのしい写真 よい子のための写真教室」(ジュンク堂で1600円)を読み終えました。
表紙はアイラブ服部一成さん。

僕はホンマさんについて…と言うより写真家についての知識が
全然無いのですけど、とにかく僕の好きな人たちである
林央子さんやマイク・ミルズさん、エレン・フライスさんなど
(って、全部here and there関連だった…だって好きなんですもん)とお付き合いがあって
そういう関係の写真を撮っている人、というぐらいの認識でした。

この本についても全然存在を知らなかったのですが、
恵文社一乗寺店の店長さんFORM_Story of designさんが立て続けに
紹介されているのを見て、これは面白いのでは!と思い購入。
すっっっっごく面白かったです。ホンマさん素敵!

写真の歴史やワークショップ、
世界の名作や変な写真家の紹介も面白かったけど、

後半の対談やエッセイっぽい文章が好きだったなあ。
謎の山岳写真家「寅彦」さんを探して山に行く話や
Sonic Youthのキム・ゴードンの部屋を撮影しに忍び込む話なんかを
読んでいると、写真のある生活って素敵だなあと、
自分の中にするすると文章が流れ込んできました。
読み終わる頃にはなんだかすっかり「アイラブ写真!」になってて、
自分でもビックリです。

これが単なる情報やTIPSとは違う、文章の魅力なのかもしれません。
すっごく刺激になったので、デザイナーさんとかの別のジャンルの人の
文章も読んでみなければ!とりあえず田中一光さんとか原研哉さんとか
ブルーノムナーリさんの本あたりから行ってみようかしら…
同業者の方なら読んでて当たり前なんでしょうけど、僕はノータッチだったので。

たのしい写真―よい子のための写真教室


002
以前紹介したOLYMPUS PEN EE-3も72枚を撮り終えて、
警固のalbus写真ラボでさかいさんに現像してもらいました。
けっこう面白い感じで撮れたので、後日ここで紹介しますねー。


アルバス写真ラボ
http://albus.in/
1,000円ぐらいで現像&CD化してくれます。ありがたや。

tags: , , ,