taromagazine™ / taro misako
京都でお茶した喫茶店
/
2009.9.27

旅行のこと、日記にしようと思っていたのですが、
ちょっと時間が無さそうなので、箇条書きっぽくまとめてみることにしました。
というわけで第一弾、滞在中にお茶した喫茶店とかカフェの一部です。
eさんがいろいろ知ってたので連れてってもらったんですけど、
たぶん、定番的なお店が多いはず。

001 002
四条の老舗、喫茶ソワレ。近くには他に2件の有名な喫茶店があって、
全部外から覗かせて頂いたんですけど、結局ここに。
薄暗い店内に光る、青い照明が綺麗でした。なんでも、女性を美しく見せる色らしい。
確かに、お店のカードや看板に描かれている女性のイラストのイメージにぴったり。

福岡ではなかなかお目にかかれないクラシカルなメニューから、
ゼリーソーダを注文しました。グラスの中に小宇宙(コスモ)が!
少し固めのゼリーを口に運ぶと、表面に付いてきたソーダの炭酸がパチパチ跳ねて
とても楽しい味でした。お店の雰囲気も良かったー。文庫本を持ち込んで粘りたい感じでした。

003
004
005
大好きな高田渡さんの「♪三条へ行かなくちゃ〜三条堺町のイノダっていうコーヒー屋へね」で有名な、
イノダコーヒーにもようやく行けました。運良く奥の別館に案内してもらっての
京の朝食セット(1200円)。ギンガムチェックのテーブルクロスがいいですよね!
イノダさんは観光地化してると聞いていたのですが、とっても気持ちよかったです。
コーヒーにミルクとお砂糖が最初から入っていたのが意外だったな。
ここのポット柄のロゴマークがすごく好きなので、売られていたポット柄ふきんを大量購入。

高田渡さんの「コーヒーブルース」、検索したら
まさにここで撮影された映像があったのでリンクしておきますね。大好きな曲です。

006
007
養老孟司さんが館長を務める、京都国際マンガミュージアム
古い小学校を改装して、いろいろな漫画を読めるようになっています。
校庭が芝生になっていて、みんなが思い思いの本を読んでるのが印象的でした。
隣のミュージアムカフェでは、ここにゆかりのある漫画家さんたちのイラストやサインが。
ここで飲み物を買って、僕は楳図かずお「洗礼」を、eさんはヒカルの碁を読みました。
気がついたら日が暮れてた…。
「洗礼」、気持ち悪いのでこういう場所で読むには全然向いてませんでした(笑)。

途中で他の観光客の方とお話ししていても、ここを知らない方が結構いたのですが
時間があれば、相当おすすめの場所ですよー。
他の街でも空いた建物があれば、やってみたら良いと思うけどなー(商店街とか?)。

008
こちらは朝ごはんを食べに行った、京大農学部前のCafe 進々堂
市内の至るとことにあるパン屋さん「進々堂」とは別法人なんだそう。
「写真撮影お断り」「家具をメジャーで測らないでください」などの貼り紙に
若干緊張感を感じたものの、入ってみたら黒光りする古くて大きい家具がドーンと並んで
奥にテラスが見える、スーパー素敵空間でした。

「カレーパン」のセットを頼んだつもりが、「カレーとパン」が出てきて
拍子抜けしたものの、すっごく好みの味。セットが乗ってるトレイなんかも
使い込まれていて、味があるんですよねえ。
今回行ったお店の中では、いちばん好きな喫茶店でした。
近くのお寺(知恩寺だったかな)のお花も綺麗でしたよ。

009
010
2年前にminaで買い物をしたときに、コーヒーチケットをもらったefish
ようやく行くことができました。鴨川を眺めながらお茶出来る、素敵空間。
うっかりチケットは忘れてしまいましたが、コーヒーとチーズケーキを頂きました。
ケーキはプディング風で、底の方にラムレーズンが入っていて
食べる人を飽きさせない、この気配りが京都ならではなのかしら?と
2人で話したりしました。

ちょっと見た感じでの判断ですが、内装屋さんが運営されてるのかな?
雰囲気がちょっと90年代の懐かしいおしゃれ具合(relaxとか)だけど
家具以外はほとんどコンクリート打ちっ放しのシンプルな空間だから、
古くならないのかもしれないなーなどと思いました(今年で10周年だそうで、納得!)。


…と、こんな感じで朝食やお茶タイムを過ごしました。
これで次回からはいろんな人に教えて頂いた、KAFE工船とかそうげんカフェとかにも
行けそうです。今から来年が楽しみ(京都音博があれば必ず行く予定なので)!

tags: , ,