taromagazine™ / taro misako
MacBook Pro 13″もSSDに換装してみた
未分類
/
2010.1.6

001 昨年に、HDDをSSDに換装した白いMacBookが壊れたので、新しく購入したMacBook Pro 13″。
こちらにはSSDは積まずに使っていたのですが、新しいモデルなのに
古い白MacBookより明らかに動きが鈍い…これはイカン…!ということで、
年末に自分へのクリスマスプレゼントとして、新しいSSDを購入したのでした。

CFDの「CSSD-SM128NJ2」という製品。価格.com価格で26,970円。
昨年3月に購入した「CSSD-SM128NJ」が22800円だったことを考えると
ちょっと値上がりした感はあるのですが、64MBのキャッシュが付いているので
全体的な足回りは軽快なはず!

002 さてさてMacBookを開封。旧MacBookに比べて裏蓋のネジが猛烈に固いので注意です。
また、HDDを取り外すのに、旧モデルはT8というトルクスドライバーが
必要だったのですが、現行モデルではT6という、少し小さめのネジに変更されています。
これを知らなくて、天神のビックカメラに直行する羽目に…お気を付け下さい。

003 今回はOS標準のTime Machineを使って外部HDDにバックアップを取っておいたので、移行も簡単。
OSX10.6のDVDから起動して、バックアップしておいたHDDを繋いで選択するだけ。
あとはお茶を飲んでいれば引越しは完了です。
こんな感じで過去の履歴から好きな時期を選んで復旧できるので、超便利!!

移行後、例によってXbenchでアクセス速度を計測してみました。
HDDとSSDは、MacBook(late 2007)の、内蔵5400rpmのHDDと、CSSD-SM128NJです。

【結果1:ランダムアクセス】
HDD / Uncached Write 0.74 MB/sec [4K blocks]
SSD / Uncached Write 2.04 MB/sec [4K blocks]
SM128NJ2 / Uncached Write 21.19 MB/sec [4K blocks]

HDD / Uncached Write 13.70 MB/sec [256K blocks]
SSD / Uncached Write 50.49 MB/sec [256K blocks]
SM128NJ2 / Uncached Write 54.86 MB/sec [256K blocks]

HDD / Uncached Read 0.41 MB/sec [4K blocks]
SSD / Uncached Read 12.50 MB/sec [4K blocks]
SM128NJ2 / Uncached Read 7.25 MB/sec [4K blocks]

HDD / Uncached Read 12.10 MB/sec [256K blocks]
SSD / Uncached Read 99.61 MB/sec [256K blocks]
SM128NJ2 / Uncached Read 108.57 MB/sec [256K blocks]

【結果2:シーケンシャルアクセス】
HDD / Uncached Write 23.63 MB/sec [4K blocks]
SSD / Uncached Write 88.83 MB/sec [4K blocks]
SM128NJ2 / Uncached Write 82.26 MB/sec [4K blocks]

HDD / Uncached Write 21.14 MB/sec [256K blocks]
SSD / Uncached Write 77.39 MB/sec [256K blocks]
SM128NJ2 / Uncached Write 83.33 MB/sec [256K blocks]

HDD Uncached Read 13.68 MB/sec [4K blocks]
SSD / Uncached Read 13.64 MB/sec [4K blocks]
SM128NJ2 / Uncached Read 32.73 MB/sec [4K blocks]

HDD Uncached Read 18.64 MB/sec [256K blocks]
SSD / Uncached Read 114.54 MB/sec [256K blocks]
SM128NJ2 / Uncached Read 195.06 MB/sec [256K blocks]

と、全体的にはそこそこスピードアップしていることがお分かり頂けますでしょうか。
ちょっとだけ遅くなってる項目もありますが、特に256KのUncached Readは倍近い数字が出ています。

体感速度はCSSD-SM128NJを比べてあまり変化が無いのが残念ですが、
HDDに比べると明らかに高速で、SSDは自分のお仕事ライフには欠かせない存在です。
アプリケーションの起動やファイルを開く時の速度が猛烈にスピードアップしますし、
WebデザインのIE6確認用に、VMWare Fusion上でWindows2000を使っているのですが、
サスペンドさせておけば使いたいときに5秒で復帰してくれるので、
相当使い勝手が良くなりますよー。

時間がある時に、起動実験の動画も撮ってみますね!