taromagazine™ / taro misako
iPhoneゲームレビュー:プレイ依頼を頂きました。
/
2010.1.11

iPhoneゲームの紹介を始めて早一年、何人かのゲーム製作者の方から
「ゲームを遊んで頂けませんか?」という、有り難いお誘いを頂きました。
せっかくなので、まとめて紹介させて頂きたいと思います。



VernX(パズル・115円/無料版あり)
海外のVladimirさんという方が制作されたゲーム。
画面内の光の粒を、iPhoneを傾けることでゴールまで連れて行くのが目的です。
グラフィックは綺麗で、大量の粒をザーッと流しているだけで楽しいのですが、
特にミスなどが無いので緊張感があまり無く、ゴールまでの時間でしか
プレイヤーの差が付かないので、もう一工夫されてたら話題になったかもしれません。
無料版へのiTunesリンクを貼っておくので、興味がある方は
ダウンロードしてみて下さい。
VernX Lite




Dice Pile(115円/無料)
大阪の株式会社エボルブさんからは、2本を紹介して頂きました。
まずは1本目の「Dice Pile」。画面左からフリック入力でサイコロを投げて、
右側のターゲットに積み上げてスコアを競うゲームです。
とてもシンプルで、音楽なども上品な雰囲気なのですが
肝心のフリック入力と実際のサイコロの動きがちょっと嘘っぽくて、
気持ちよさが半減しているような気がします。

解決策としては、サイコロの着地時にエフェクトを出すとか、
吸い付くような挙動が不自然なので、「ぷよぷよ」みたいなキャラクターに
してしまう、とかですかねえ。こちらも無料版がありますので、
気になる方はチェックされてみて下さい。
Dice Pile LITE




Mach Ball(115円)
2本目は高速で移動するボールを、二本指でタッチすることで出来るラインを使って反射させて
ゴールまで導くゲームです。音楽とかグラフィックは好みじゃないんですが、
内容的にとても惜しい気がするので、
どうすれば面白くなるのか、自分なりに考えてみました。

改善点1:フリック入力でもラインを描けるようにする。
このゲームだと直線しか出てこないし、高速で入力するときに二本指タッチだと
自分の手で画面が隠れるのがストレスになります。ここを改善するだけで、
遊びやすさが格段に違うと思います。

改善点2:スピードダウンのパネルの効果を、一定時間で切れるようにする。
現状だとスピードアップのパネルに乗るまでスピードが遅いままなので、
爽快感を損なっていると思います。

その他の改善点:
・ゲームスタートの処理の改善(レースゲームみたいに3..2..1..Go!的な)
スタート時の演出が淡白なのも、グラフィック・ゲーム内容と合っていない気がします。

・ステージはアンロック方式に
特にオンラインランキング機能が無い場合、プレイヤーのモチベーションを
保つ意味でも必要かと…。

という感じで、問題点はあるのですが、それでも遊んでみたい!という方のために
リンクを貼っておきますね(こちらは無料版がないようです)。
Mach Ball


…という感じで、今年最初のゲーム紹介でした。
Vladimirさん、エボルブさん、ありがとうございました!

そういえば去年の面白かったゲームまとめ記事とかも書きたいんだった…。
PS3やXboxのソフトはなかなか遊ぶ時間が取れないので、
(eさんが見てるところで血みどろの戦争ゲーとかもちょっと…)
いつでも手元にゲーム機を持っていられるiPhoneって素晴らしいなあと思います。
今年も出るらしい、新機種も楽しみ。

tags: