taromagazine™ / taro misako
東京カリ〜番長「Hakata Nights」に行ってきた
/
2010.4.13

001
以前お伝えした、東京カリ〜番長のイベントが4/10[土]に行われました。
eさん姉弟&いつものお友達のみんなで参加してきましたよー。
会場は西部ガスさんの新しい料理の複合施設「食文化スタジオ」。
そう言えばこのイラストのキャラクター、元ネタはスタープラチナ(ジョジョ)ですよね…!

002
ババーン!カリ〜番長があらわれた!!
今回は7人組の番長たちが、それぞれのブースに別れてカレーを作って振舞う
「カレーライブ」というのがメインのイベントです。
みんなカレーが好きそうなお顔ですよね(褒めてます)。

乾杯とともにスタートして、まずは九州7県の食材で作られた
「ウェルカムカレー」をみんなで食べました。
この施設は普段は料理教室やセミナーに使われるそうですが、
出来たばかりということもあり、内装や調理器具がピカピカで惚れ惚れします。

003
充実のスパイスたち。男のロマンですね…と思いきや、普通にカレールウを使う番長も。

006 005 008
次々にカレーが出来上がり、名前を書いて壁に貼っていくのですが
事前にどんなカレーを作るかは番長同士であらかじめ決めていないそうで、
お互いの作るものを見ながら、「あ、じゃあ俺はこれを入れよう」という感じで
その場のノリで内容が変わってくる感じは、確かにライブだ!と思いました。

004
出来上がったらそれぞれの番長の前にお米を持って並び、
カレーを注いでもらいます。人気のあるカレーとそうでないものが
はっきり分かれて、面白かったなー。

3枚の食券を渡されて、カレーを3回食べることが出来るのですが
最後の方はフリーカレーになってましたよー。

007
途中では調理主任の水野さんによる、基本のカレーの作り方講座も。
ターメリック(うこん)、ガラムマサラ、クミンの3種類があれば
バリエーションは無数に広がるそう。
玉ねぎも、弱火でじっくり炒めずに、強火で炒めていて驚きました。

水野さんはハイテンションな番長たちの中では一番物静かで
ひたすらカレーを作り続けていました。
その姿には職人というか、求道者的なものを感じたのですが
こういうカッコ良さに憧れる女性も多いのではないでしょうか…。

009 010 (最後はトンネルでお見送り!)

番長たちは終始賑やかでお話も面白く(音響がちょっとだけ聴き取りづらかったのが残念)、
お客さんも大勢集まって、かなり盛り上がっていました。
カレーも、あんなにスピーディーに作っているのに本格的で、美味しかったー!
一日で色んな種類のカレーを見ることが出来て、カレーに秘められた
無限の可能性の一端を感じることが出来た気がします。

お仕事関係の方や、このブログを読んでくださっている方にも
初めてお会いすることも出来たり、とっても嬉しかったです。
番長たちにも、またどこかで会えますように。


東京カリ~番長のブログカレー
http://blog.excite.co.jp/tokyocurry/