taromagazine™ / taro misako
岡本 仁さんのトークショー&サイン会
/
2010.4.21

001
天神イムズで行われた、編集者・岡本 仁さんのトークショー&サイン会に行ってきました。
岡本さんが今年出版された鹿児島の本、「BE A GOOD NEIGHBOR ぼくらの鹿児島案内。」が
自分の周りでとにかく話題になっていること、編集長をされていた雑誌「relax」がとても好きだったので
(当時はアスキーの雑誌ぐらいしか読んでいなかった自分でも面白く読める雑誌だったんです)
ぜひ一度本人のお話を聞いてみたいと思ったんですよね。

会場のイムズホールに行くとすでにほぼ満席で、同業者っぽい雰囲気の人たちで溢れていて
知っている人だけでも2、30人ぐらいはいそうな勢いでした。
岡本さんのが携わった雑誌「relax」「BRUTUS」「ku:nel」…同世代の人で
こういう仕事をしてる人には、直撃のものばかりですもんね。

お話の内容は本に書かれているものと殆んど同じだったと思うのですが、
まだ未読だったこともあり、楽しく聞くことができました。
一緒に出演されていた、本のデザインを担当されたJuddの清水さん、
岡本さんが所属するランドスケーププロダクツの武井さんとの距離感も、とても自然な雰囲気。
ブログを元にした書籍化だから、というのもあると思うんですけど
こういう関係性でお仕事が出来るって、うらやましいなあ…。

002 (途中で行われた、鹿児島の「加治木饅頭」の食べ比べ。僕は左の方が好きでした。)

編集についてのお話の中で、印象に残ったのは
「自分ひとりの感覚で作らない」というお話(だったと思う)の部分でした。
岡本さんはBRUTUSの音楽の特集を、まるごと別の方にお願いした話を例に出していましたが、
確かに、自分の中だけで完結してしまうと、最初から出来上がりが予想出来てしまうし
自分に興味があっても、それ自体に詳しくない分野のことについては
専門家に任せてしまった方が、奥行きも出るし説得力も全然違うんだろうなあ。

このお話にはとても感銘を受けた感じがあって、もし自分で雑誌みたいなものを
作ることがあれば(あるのか!?)、ぜひ試してみよう!と思いました。

トークショーのあとのサイン会にもしっかり参加し、サインを頂きながら
澤田みかん山」の宣伝も、バッチリしてきましたよー!
うっかり注文してくださいますように…!


BE A GOOD NEIGHBOR ぼくの鹿児島案内
↑ポラロイド写真とエッセイ的な文章が中心。少しずつ読んでます。

BE A GOOD NEIGHBOR(岡本さんのブログ)
http://fablog.tumblr.com/