taromagazine™ / taro misako
薬院の「icone」で第二回文字飲み
/
2010.5.5

001
5/2[日]に、@hmd703さんをお迎えしての第二回となる文字飲み福岡が開催されました。
連休中のお忙しい中、薬院の「icone」に9人の方に集まって頂いて(うち3人は県外!)
それぞれが持ち寄った肴(資料)を元に、盛り上がりましたよー!

乾杯のあと、自己紹介と好きな書体の話で始まりましたが、

A1明朝(モリサワ)
見出しゴ(モリサワ)
DIN(いろんなメーカーから出ています)

あたりに人気は集中しました。モリサワ強し!
A1明朝は、前回にamadamanさんがオススメされているのを聞いてから、
僕もさっそく購入しましたが、美しさの中に昔の印刷物のような温かさがある
素敵なフォントだと思います。

その後には、1分以内で文字について好きに発表してもらう…という
恒例の「1分プレゼン」が行われました。それぞれの発表内容は、こんな感じです↓

002
amadamanさんは、「情報伝達としての文字」というタイトルで、
文字の可読性を中心としたお話。前回同様に資料がしっかり作られていて、
とっても参考になりました!文字は可読性を多少犠牲にしても、見る人のこれまでの経験で
ある程度は補ってくれる…というのには「なるほど!」と、
ロゴなどを作るときの可能性が開ける、素敵なお話でした。
字本」や「NEWWORK MAGAZINE」などの資料も持参していただいて、ありがとうございました!
amadamanさんによるレポートはこちら>

001
(写真が撮れてなかったので、サイトのスクリーンショットでごめんなさい!)

最近は福岡美少女図鑑のお仕事がお忙しそうな山本文吾さんは、
最近のお仕事と、ご自身の事務所のVI用のフォントのお話。
いろいろ考えた結果、少し細長い「AXIS Condensed」にされるそうです。
19800円とかするんですよね。うらやましい!
文字に長体をかける処理、アイラブ菊地敦己さんも多用する方法なので
僕も使ってみたりするのですが、簡単に印象が変わるので面白いです。

003
空地グラフィックのヤマグチさんは、文字についてのかなりマニアックな資料本を。
本の名前は失念してしまったのですが、これは欲しい!と思いました。
ご夫婦でされているブログ「空地発見団」のタイトル文字も好きなので、
今度はこっちのお話も聞かせていただきたいです!

004
僕は最近気になっている、Illustratorで「です。」を入力したときの、
「す」と「。」の間隔が妙に開いていて気持ち悪い!という話。
いろんな意見を頂きましたが、今回の結論としては
「見出しやタイトルでは手動で詰めるけど、本文はそのままの方が読みやすい」
というところに落ち着きました。すっきりしたー!

005
二日市でフリーのデザイナーをされている四宮さんは、
ショップ関係のお仕事が多いそうで、これまでに手がけてきたお店のロゴを
見せていただきました。自分がよく見かけるお店のロゴもあって、こういうときって嬉しくなります。
他にも「魂を失わずにグラフィックデザイナーになる本」を持ってきて頂いて、
「普通なら行頭を1文字開けるところを、これは10文字以上開けてるのにバランスがいいんですよー」と
熱く語る姿にグッと来ました!

006
文字飲み主宰のhmd703さんは、東京でも発表されていた
いろんな書体での「雲」の記号の違いについてのお話。
メーカーが違うのに同じ形のものがあったり、これは…やっつけなデザイン…
と思うものもあったりと、面白かったです。
オマケの「雪(雪だるま)」と「電話(黒電話)」まで調べられているのはさすが!
Macでことえりを使われている方なら、それぞれ「くも」「ゆき」「でんわ」で
変換できるそうなので、おためしあれ。

007
(ジントニックとモリサワフォントのコラボレーション…!)

山口から参加して頂いた(ありがとうございます!)ヤマグチさんは、
好きなフォントのお話。Century Gothic、さっき調べたらMS Officeに
付いてくるフォントなんですね。あまり使ったことが無かったのですが、
今度使ってみようと思います!

※ヤマグチさんへ
資料を隣にいた、さださんが間違えて持って帰られているそうです。
連絡を取りたいので、こちらからメールを頂けますでしょうか?

008
佐賀からお越し頂いたさださんは、手描きの文字に憧れる…ということで、
暮しの手帖や荒井良二さんの絵本などの資料を持ってきていただきました。
手描き、難しいですよね。僕は自分の文字が好きじゃないので
必ず誰かに書いてもらうようにしています。
暮しの手帖の好きな見開き紹介もして頂いて、とっても面白かったです!
さださんのレポートはこちら>

009
エゾエさんはお仕事で制作している機関誌の特集で連載されていた企画の
タイトル用に制作した「偉人フォント(←勝手に命名)」を紹介していただきました。
それぞれの人によって雰囲気が違っていて、字面のせいもあるとは思うのですが
偉人たちの人となりが伝わるような素敵のお仕事っぷりに、みんなの目が釘付けでしたよー!
楽しんで作られているのが伝わってきて、エゾエさんのデザインに対する
熱意には、いつも刺激を受けています。ありがとうございました!

012
(体に優しそうなお惣菜の数々!)

気が付いたら4時間以上にわたる飲み会だったのですが、
みんなのテンションが高く(まるで「フォント芸人」みたいなノリでした!)
もっと色々お話ししたかったです。

010
平野甲賀フォントで、3杯は行けます!!)

全体のバランスとしても、「勉強会」と「飲み会」の、ちょうど中間のバランスで
それぞれが発言しやすい良い雰囲気になっていたと思います。
これもお声をかけて頂いた703さんと、連休中のお忙しい中に集まって頂いた
皆さんのお陰です。本当にありがとうございました!

011
とっても楽しい会だったので、今後も機会があれば開催しようと思っています。
(これとは別に、デザイン勉強会的な集まりもやってみたいなーと思ったりも…)

そのときはこのブログやTwitterなどでお知らせしますので、お気軽にご参加くださいね。

ではではまた!