taromagazine™ / taro misako
クリエイティブ焼肉。
/
2010.5.18

001
少し前の話ですが、デジカメにデータが残っていたので。

サダマツさんが主催されている、クローズドなクリエイティブ勉強会に参加させているのですが、
番外編として、アートディレクターのイトウさん宅でお話を伺う、という幸運に恵まれました。

お仕事のお話が中心だったのですが、その中でも
「お客さんも楽しい仕事がしたいはず」という言葉が印象に残りました。

実際の現場だと、最初は「楽しい仕事にしましょう!」と、メンバーの全員が言っていても
それぞれの作業に追われてしまって、当初の気持ちを忘れがちに…ということもあるので、
もっと自分もお客さんも楽しい気持ちで仕事が出来て
見る人をワクワクさせるようなものが作れたらなあ…と思いました。

イトウさんのお部屋、おしゃれな雑貨がショールームのように並んでいて
とっても素敵でした。こういうのを見ていると、好きなものは見るだけでなく、
自分の手元に置くことで得られるものもあるんだろうなあ。

002
勉強会のあとは、お庭でバーベキューをしながら
普段は時間が無くてなかなか聞けないような話を、いろいろと聞かせていただきました。
これが夜の飲み会だと、意外と仕事の話にならないことが多い気がするので(失礼)
とても有意義な時間でした。

006
途中で見せて頂いた、写真集の1ページ、どこかで見たことがあるような…

And Then Nothing Turned Itself Inside-Out
と思ったら、大好きなYo La Tengoの、大好きなアルバム
And Then Nothing Turned Itself Inside-Out」でした。気付いたコピーライターのナガハタさん、さすが!
ちなみに、Gregory Crewdsonという写真家の「Dream of Life」という写真集でした。

004
こんな環境で仕事が出来たら素敵だなあ…と思いつつ、近くの砂浜を散歩して、みんなで帰宅。
久しぶりの海岸はとっても気持ちが良かったです。

おかげさまで素晴らしい一日を過ごすことができました。
イトウさん、勉強会の皆さま、本当にありがとうございました!

tags: