taromagazine™ / taro misako
ゲーム配信サービス「Steam」、Macに対応!
/
2010.5.18

自分の中では一大ニュースなのです。

昔からゲームが大好きな私。学生のときはPC用海外ゲームにはまって
自分でPCを組み立てて遊んだりしていたのですが、
仕事でMacを使うようになってからは、Mac用のゲームはあまり出ていないこともあって
PCゲームからはずいぶん遠ざかった暮らしになっていました。

001
しかし5月12日、僕の愛して止まないゲーム開発会社「Valve」が運営する
ゲーム配信サービス「Steam」(気が訊いた名前ですね)が、突然Macに対応したのです!
http://store.steampowered.com/browse/mac

普通のWebブラウザでもサイトを見ることが出来ますが、専用のクライアントソフトを
ダウンロードすることで、大人な雰囲気の画面でゲームを買ったり、コミュニティに
参加することが出来ます。こういうののデザインって大事ですよね。

Steamについてざっくり説明すると、iPhone(iPad)のApp Storeと同じような仕組みで
ソフトが購入出来て、ときどきセールや価格の変更があるところも同じ。
違うのは、一度ダウンロードしてしまえば、MacでもWindowsでも、
アカウントさえあればどのPCからでも自分が買ったゲームを遊べるところです。

まだまだMac対応ソフトは少ないですが、「シヴィライゼーション」などの有名どころや
Wiiでも密かに人気の「グーの惑星」みたいなカジュアルゲーム、
マニアにはたまらない、ルーカスアーツの懐かしのアドベンチャーゲームなど、これからが楽しみ。

002
そして、オープン記念として、5/24[月]まではValveの名作「Portal」が
$29.99のところを無料でダウンロード出来ます。やったーーーー!!
FPSの不朽の名作「Half-Life2」(僕は1しかやったことが無いですが、相当面白いです)を
ベースにした、FPSパズルアクションゲームです。

003
004
「ポータルガン」と呼ばれる銃を使って、赤と青、2つの穴を空けると
その間をワープすることができ、この能力で19の部屋をクリアして行く…というもの。
百聞は一件にしかず、ということで、下の説明動画をご覧下さい。



ゲームとしては数年前のものなので、うちのMacbook Proみたいな
ノートPC環境でも、ヌルヌル動きますよー。
独特なダークな雰囲気には、映画「cube」みたいな感覚を思い出しました。

005
(誰もが試すであろう、あしゅら男爵的なポジショニング)
今後、ValveのゲームはWin、Xbox360と合わせてMacでも提供されるらしいので、
これでHDゲーム機のお世話にならずにすみそうです。よかったー。

関係ないけどWebを中心に、同世代のデザイナーさんでも
ゲーマーが沢山いるので、なんだか安心している今日この頃です。
ゲーム関係のいろんなもの、デザインにも活かせますもんね、と
自己弁護に走ったところで、今日はこの辺で。ではでは。


米Valve、Mac版「Steam」の配信を開始 – GAME Watch
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100514_367024.html