taromagazine™ / taro misako
君よ知るや 南の国
未分類
/
2010.8.20

001
久しぶりに天神大丸に入っている紅茶屋さん「ルピシア」で、紅茶を買いました。
(三迫家の朝はミルクティーを飲むという習慣が、いつの間にかできてた)

そこで見つけたポスターが、これ↓

002
「君よ知るや 南の国」というコピーがとてもいいなあ、
昔の言葉遣いって、なんだかオリエンタルで素敵!と思って
iPhoneでメモがわりに写真を撮っておいたのでした。

この一文、自分の心には確かに引っかかったので
「どんなコピーライターさんが書いたんだろう?」と思って自宅で調べると…

詩人・ゲーテの「ミニヨンの歌」の一節を、
森鴎外や当時の作家さんたちが翻訳したものでした(全く予想外…)。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
君知るや南の国

レモンの木は花咲き くらき林の中に

こがね色したる柑子は枝もたわわに実り

青き晴れたる空より しづやかに風吹き

ミルテの木はしづかに ラウレルの木は高く

雲にそびえて立てる国や 彼方へ

君とともに ゆかまし

(森鴎外・訳)
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

うっとり…

これをフレーバー烏龍茶のコピーにしよう!と思った人も尊敬します。
最近、自分の中で「先人に学ぼうキャンペーン」を実施中なので、
もっと色んなものに触れて行きたい今日このごろであります。

tags: