taromagazine™ / taro misako
iPhoneゲームレビュー「epic CITADEL」
/
2010.9.3

IMG_1258.PNG
久しぶりにiPhoneゲームの紹介…と言っても、正確にはゲームではないんですけど。
リリースされたばかりのデモアプリ「epic CITADEL ※iPadにも対応・無料(iTunes)」が凄いです。
Xbox360の「Gears of War」などにも使われている3Dエンジン「Unreal Engine」の
iPhone版を使った3Dゲーム風の技術デモなのですが、 そのクオリティに圧倒されました。

IMG_1271.PNG
起動すると(iPhone4だからか、ロードが早い!)、城下町へ。
洗濯物のテクスチャーが凄い。この景色がリアルタイムで生成されてるのが
信じられないぐらい軽く動作します。

IMG_1260.PNG
画面をタップすると、その方向にオートで移動。
移動中は画面のフリックで視点を変えることができるので、歩きながら周りをキョロキョロ
見回すことが出来ます。これは新鮮。ちなみに、バーチャルパッドでのFPS移動も出来ます。

IMG_1261.PNG
さっそく城壁を出て、外へ。
学生のとき、こういうモデリングに憧れたこともありますが、
こんなレンガのテクスチャ、自分では描ける気がしません…。
ちゃんとバンプ(凹凸)が再現されてますね。

IMG_1263.PNG
遠くを見ると、なんだかカラフルな建物が…

IMG_1264.PNG
近づいてみました。
光と影の表現、これがiPhoneで実現していることにただただ驚きます。
色使いもとっても素敵!

IMG_1265.PNG
ちゃんと太陽の方を見れば、HDR(←写真が好きな人なら分かるかと…)効果が
確認できます。葉っぱも一枚一枚、モデリングされてるみたいですよー。

IMG_1266.PNG
お城に戻ってきました。塔の上の旗が、風でなびいてる!
ちなみに音響効果も3Dになっていて、スピーカーでも確認できるレベルです。

IMG_1268.PNG
建物があったので、中に入ってみました。

IMG_1269.PNG
近づいてみるとこんな感じ。
iPhoneのリッチ系ゲームはけっこう試しているつもりなのですが、
このクオリティはちょっと別次元だな…と思いました。
3D空間を歩きまわるだけの簡単なデモですが、iPhoneを持っててゲームが好きな人は
今のうちに見ておいて、盛り上がるといいと思います!


あと、年内にはこのシステムを使った「Project Sword」というゲームを開発中だそうで、
今から期待が高まりまくっております。



動画を見る感じだと、ゲーム性はどうなんだろう…という感じですが、楽しみ!
※技術的に新しいものを見ると、必要以上に興奮するのがゲーマーの性ですな!


epic CITADEL
※iPadにも対応・無料(iTunes)

tags: