taromagazine™ / taro misako
[東京]BEAMS JAPAN〜とんかつ三太〜ZINE HOUSEとか
/
2018.5.16

箱根でのお仕事を終えて、新宿のBEAMS JAPANへ。お仕事で関わった商品を取り扱って頂く予定があり、行ったことが無かったので覗きに行ってきました。

1Fには各県ごとに什器で区切られたスペースが。ここに置かれることになるのかな…楽しみです。
他のフロアも福岡の店舗とは違って攻めた編集の売り場で、刺激になったなー。各セレクトショップの傾向はいつも気になっていてチェックしているけど、BEAMSは洋服そのものよりカルチャーが手前にあって、それを表現するためのユニフォームとしての服を売っているイメージがあって(自分では絶対に選べないような服も沢山置いてあって、それも面白い)好きです。

お腹が空いたので、お店を探していたら気になる看板を発見。ちょうどBEAMSで働いていそうな刈り上げカットの若い人から、サラリーマンやマダムまで幅広く吸い込まれているし、ここだな…と思って入ってみたら

「とんかつ三太」という、創業70年のお店でした。当たりを引いたっぽい。今まで食べた中で、いちばん粗い衣のとんかつだった気がする。美味しかったです。最近、東京に行く度にとんかつを食べてる気がするのは、某とんかつDJ漫画のサブリミナル効果だろうか…。

その後は千駄ヶ谷でWebサイトの打合せをしたり、朝には丸の内HOUSEのzineの展示を見に行ったりしました。僕達も10zine(今年は6月にやります)というイベントを何年もやっているので、有名な人たちがこういう状況でどんなものを販売するのか、実際に見られて参考になったな。平林奈緒美さんの作品が、手間をかけずに(多分)彼女らしいと思わせるものになっていて、自分も作るならこんな仕上がりを目指したいものだ…と思いました。10zineの出展、まだ何も考えてないけど間に合うかな…。