taromagazine™ / taro misako
EGG & BAKE
Egg & Bake

KUSU HANDMADEの直営店ecobitoの店内に、「えごま」を食べて育った卵「えごまたまご」スイーツのお店「Egg&Bake」が新しくオープン。ブランディングデザインを担当しました。

ネーミング&ロゴ

当初出ていた案は「patisserie ecobito」などのベーシックな名前だったので、個性がありつつ何のお店か分かりやすい名前を検討しました。その結果出てきたのが、「卵」の「Egg」と「(オーブンで)焼く」という意味を持つ英語「Bake」を組み合わせた「Egg&Bake(エッグ アンド ベイク)」というネーミングでした。

ロゴはオリジナルで作った書体の店名の上に、お店で扱っている「アローカナ」という希少な鶏から生まれる卵の殻の色をイメージした、緑色の卵を載せました。ちょっとアンバランスで、動きを感じさせるユーモラスなデザインに仕上げました。(この玉子、本当に薄い緑色をしていて、とても綺麗です。お店に行く機会がある人は見てみてください)

「ecobito」は天然素材にこだわった品物を扱うお店ですが、デザインをナチュラルなものに寄せすぎると他のお店との差別化も図れませんし、企業が運営するお店なので、手作り感があまり出過ぎないように気を付けて少し「かっちり」目に、それでいて優しさが感じられるようなバランスになるよう気を付けてデザインしています。

コピー

今回は印刷物を制作するにあたり、コピーがあった方が良いと判断し、「えごま たまご おかし」というキャッチコピーを提案しました。
ロゴと同様に、優しさや温かみが押し付けがましくならないよう、「えごまたまごを使ったお菓子」という事実を、全て平仮名にすることで、ちょっとした呪文のような、口に出して言いたくなる楽しい印象の言葉で表現しました。

パッケージ

一部のラベルやケーキに立てるピックなど、パッケージのデザインも担当しました。
ラベルの形状は当初、卵型を検討していたのですが、ロゴの卵型とのバランスが悪かったので、楕円と四角形の中間の形「スーパー楕円」と呼ばれる数式で作られる形を元に、アレンジを加えて使用しました。

リーフレット

リーフレットは表紙にキャッチコピーのみを入れて、手に取った人に「なんだろう?」と思ってもらえるようなコミュニケーションが発生することを狙ったデザインにしました。中面の写真と原稿も担当させて頂いたのですが、実際に卵が採れる養鶏場を取材させて頂き、内容に反映させました。
複数の養鶏場を回ったのですが、中には鶏だけではなく「ダチョウ」を飼っている方も居て、ダチョウの寝ている横を通り抜けながら、恐る恐る鶏たちの写真を撮ったのも思い出に残っています。

AD,D, Photo, Text: Taro Misako
Client: Nakamura Co.,Ltd.

AD,D, Photo, Text: 三迫太郎
Client: 株式会社中村

Year: 2017
AD,D, Photo, Text: Taro Misako
Client: Nakamura Co.,Ltd.

AD,D, Photo, Text: 三迫太郎
Client: 株式会社中村

Year: 2017