taromagazine™ / taro misako
KAGUWASHI
和紙アロマディフューザー「かぐわし / kaguwashi」

「かぐわし/kaguwashi」は、熊本県山鹿市で神事・奉納灯籠として受け継がれてきた、和紙を使った伝統工芸『山鹿灯籠』の技術を使ったアロマディフューザー。「香り高い」「美しい」を意味する古語「香ぐはし」から名付けられました。山鹿灯籠師の手仕事が生み出す柔らかな形と、硬質な陶器の質感との対比で空間を彩る「香るオブジェ」です。手漉きの和紙を直接ナイフで削ぎ、今回のためにリサーチした耐水性の糊を使い、糊代を作らずに断面を直接接着する「小口合わせ」という山鹿灯籠の技が使われた、繊細な一品です。


佐賀から届いたオイルが波佐見焼(長崎)の器に注がれ、山鹿灯籠の和紙が吸い上げて香る、オール九州生まれの「かぐわし」。オイルは「KUSU HANDMADE」ブランドを手がける株式会社中村さんに依頼し、国産とヨーロッパ産の精油を調合。華やかさを残しながら、上品でさりげない香りに仕上げています。陶器の器は長崎・波佐見の西海陶器株式会社さんに依頼し、山鹿灯籠にぴったり合う既存の型を探して頂き、コストを抑えて商品化することが出来ました。

この2社はどちらも三迫が10年以上カタログ制作などをお手伝いしている会社で、長年のお付き合いということもあり、急なお願いにも関わらず、とても柔軟に対応して頂きました。

このプロジェクトは山鹿灯籠振興会さんからのご依頼で始まり、永田宙郷(EXS Inc.)さんのプロデュースの元、商品のデザインを担当しました。様々な形の試作を重ねていく中、永田さんから「和紙のオーナメントと瓶を組み合わせてみてはどうか」というアイデアを頂き、今回の最終形にたどり着きました。
和紙のオーナメントの形は山鹿灯籠との関連性を分かりやすく伝えるため、山鹿灯籠の基本となる「金灯籠(かなとうろう)」の先端にある「擬宝珠」の形を使っています。

こうして、山鹿灯籠師の手仕事が生み出す柔らかな形と、硬質な陶器の質感との対比で空間を彩る「香るオブジェ」が生まれました。
完成した「かぐわし」は2018年に青山スパイラルで開催された展示会「ててて見本市」で初めて発表され、東京の「JOURNAL STANDARD SQUARE」さん、宮崎県の蔦屋書店さんなどを中心に、全国各地のショップで販売されています(販売店舗リスト)。

制作にあたっては、商品のデザインのほかにもカタログ・パッケージなどの印刷物のデザイン、撮影ディレクション、会場ブースの企画など、ほぼ全ての場面を担当させて頂きました。

かぐわし

KW-01 | もえぎ
落ち着きのある軽やかな甘さ - 柚子(愛媛産)/ ゼラニウム / ベルガモット
KW-02 | あやめ
華やかな花の香り - ヒノキ(奈良県吉野産)/ スイートオレンジ / イランイラン / ラベンダー
size: H130×W58×D58mm
online store

かぐわし 詰替え用

KWT-01 | もえぎ
KWT-02 | あやめ
size: H130×W58×D58mm
online store

graphic


package

I designed an aroma diffuser using Japanese washi paper. It is made by hands of craftsmen using the technique of traditional crafts "Yamaga lantern" in Kumamoto Prefecture.

Produce: Okisato Nagata(EXS Inc.)
D: Taro Misako
Photo: Koji Maeda(Ushiro)
Client: Yamagatourou Shinkoukai/Yamanote

Produce: 永田宙郷(EXS Inc.)
D: 三迫太郎
Photo: 前田耕司(Ushiro)
Client: 山鹿灯籠振興会/ヤマノテ

http://yamaga-yamanote.com

Year: 2018
I designed an aroma diffuser using Japanese washi paper. It is made by hands of craftsmen using the technique of traditional crafts "Yamaga lantern" in Kumamoto Prefecture.

Produce: Okisato Nagata(EXS Inc.)
D: Taro Misako
Photo: Koji Maeda(Ushiro)
Client: Yamagatourou Shinkoukai/Yamanote

Produce: 永田宙郷(EXS Inc.)
D: 三迫太郎
Photo: 前田耕司(Ushiro)
Client: 山鹿灯籠振興会/ヤマノテ

http://yamaga-yamanote.com

Year: 2018