taromagazine™ / taro misako
SNOWING MOUNTAIN TEA
SNOWING MOUNTAIN TEA

ブランディングのお手伝いをしている福岡・八女のお茶農家「千代乃園」さん(これまでのデザイン実績はこちら)。
標高600mの雪が積もる茶畑には害虫が少ないという特徴を活かして、有機栽培を行っています。以前から国内での販売のほか、日本よりも農薬の基準が厳しいEUなどにもお茶を出荷されていましたが、この度、海外向けに新しくパッケージを作りたいというご依頼を頂き、デザインさせて頂きました。

お茶に馴染みのない方のために50gの少量で販売し、茶筒の無い家庭でも気軽に扱えるようチャック式のスタンド袋を使うという仕様は国内用のパッケージと同じです。「雪ふる山のおそぶき茶」というブランド名を英語に訳すにあたり、英語に詳しい方に意見を頂きながら「SNOWING MOUNTAIN TEA(雪ふる山のお茶)」というネーミングに決定しました。緑茶は緑、紅茶は朱色、ほうじ茶は茶色という色分けを行っています。

「標高の高い、山の茶畑で採れたお茶」というコンセプトを伝えるために、山の形をあしらったラベルにしてはどうか…など、様々な案が出ましたが、最終的には雪ふる山の地図(等高線)を使い、お茶が採れた地点に「茶畑」の地図記号を入れるというアイデアに決まりました(ほうじ茶はブレンドのため地図記号無し)。
千代乃園さんは取り扱うお茶の品種も多いので、地図記号の位置の違いもはっきり出て、面白い表現が出来たと思います。

「SNOWING MOUNTAIN TEA」シリーズは国外がターゲットですが、国内用に販売することも出来るそうですので、お店に置いてみたい…という方は千代乃園さんまでお問い合わせください。
お茶自体の味は渋みが少なく、上品で旨味のしっかり感じられるお茶で、日常のお茶としてはもちろん、贈答用にもおすすめです。



AD,D: Taro Misako
Illustration: Nami Fukuda
Client: CIHYONOEN TEA FARM

AD,D: 三迫太郎
Illustration: 福田奈実
Client: お茶の千代乃園

http://chiyonoen.jp

Year: 2018
AD,D: Taro Misako
Illustration: Nami Fukuda
Client: CIHYONOEN TEA FARM

AD,D: 三迫太郎
Illustration: 福田奈実
Client: お茶の千代乃園

http://chiyonoen.jp

Year: 2018