taromagazine™ / taro misako
UKIYO-E PAINTINGS
福岡市美術館「肉筆浮世絵の世界」図録




福岡市美術館で2015年に行われた「肉筆浮世絵の世界 -美人画、風俗画、そして春画-」の展覧会図録のデザインを行いました(グラフィックの実績はこちら)。本編208ページ、春画編136ページの2冊組となっています。

他の同様の展覧会との差別化を図るため、いわゆる浮世絵の展覧会的なトーンから距離を置き、ヨーロッパから見たオリエンタルな日本、をイメージしてタイトルにはフランスの書体Didotを使い、落ち着いたレイアウトにまとめています。
また、表紙と本文の間に挟む見返しには蛍光色を使うなどして、シンプルな構成のアクセントにしました。

2冊を収納するボックスも合わせて制作しています。背表紙には金の箔押しでタイトルを入れ、本が収納されると朱と金の2色のコントラストが綺麗に映えるようなデザインになっています。





I designed a book on the exhibition of Ukiyo-e, organized by Fukuoka Art Museum. This book is a set of two books.

AD: Taro Misako
D: Taro Misako, Takuya Hirano
Client: FUKUOKA ART MUSEUM

AD: 三迫太郎
D: 三迫太郎, 平野拓也
Client: 福岡市美術館

208 & 136 pages
Year: 2015
I designed a book on the exhibition of Ukiyo-e, organized by Fukuoka Art Museum. This book is a set of two books.

AD: Taro Misako
D: Taro Misako, Takuya Hirano
Client: FUKUOKA ART MUSEUM

AD: 三迫太郎
D: 三迫太郎, 平野拓也
Client: 福岡市美術館

208 & 136 pages
Year: 2015